ゲーム

PSVRゲーム『Firewall Zero Hour』紹介・感想!!

リン
リン
こんにちは、買いたいゲームがいっぱいのリンです。

みなさんは最近VRゲームをしてるでしょうか?
一時期ブームになってましたけど最近はあまり話題をきかないですよね。

私は、そんなブームに乗っかってPSVRを購入してみたけれどほとんど使ってません!!バイオハザード7ぐらいでしょうか・・・

「買ったけどやりたいソフトがない」「ものすごく酔うからやってない」といった理由で使ってない人はいっぱいいるんじゃないでしょうか?

そんなあなたにオススメのVRソフトが発売されました!今回はそのVRソフトについて紹介と遊んだ感想をまとめました。

こんな人にオススメ

VRゲームが好きな人。

・FPSが好きな人。

・これからVRをやってみたい人。

『Firewall Zero Hour』

ジャンル タクティカルマルチプレイヤーFPS
対象年齢  CERO D(17歳以上対象)
価格 5292円 [税込]
メーカー ソニー・インタラクティブエンタテインメント

2018年8月30日にVR専用タイトル『Firewall Zero Hour』が発売されました。

4人対4人のオンライン対戦ができ、PlayStation VR シューティングコントローラーにも対応してます。

リン
リン
PSVR持っている人は、この面白さを体験した方がいいぐらい、めちゃくちゃ面白かったです!

【熾烈な攻防戦】

このゲームは攻撃側と防御側に分かれて戦い、
「攻撃側は機密情報を盗むことで勝利」「防御側は機密情報を守ることで勝利」となってます。

オンラインでは、ボイスチャットなどを使用してメンバー同士の連携が重要になってくるでしょう。
(オフラインでのNPCとの対戦もあるのでオンラインは怖いという方も大丈夫!)

仲間に罠があることを教えたり、敵の位置などを教えたりして連携をとっていくのがすごく楽しいです。仲の良い友達とやると楽しさが倍です!

使用できる武器・アイテム

アサルトライフル・ショットガン・ピストル・SMG。

・グレネード・フラッシュバン・ジャマー・C4。

リン
リン
決して種類が多いとはいえませんが、チームで連携をとりつつ遊ぶ分には充分楽しめる数だと感じました。

チームの仲間との連携をとり、コミュニケーションが一番の楽しさ!家でサバゲーをしてる感じです。

【個性豊かなキャラクター】

本作ではゲームに勝利すると、経験値とゲーム内通貨がもらえます。それらを使用して新しいキャラクターや武器などをアンロックしていきます。

総勢12人のキャラクターがいて、各々メインスキルが違うので自分にあったキャラクターを探して愛着をもったり、キャラクターを使い分けることで毎回違った感じで楽しめるのではないでしょうか。

「武器の弾薬が増える」「敵を発見しやすい」「仲間を蘇生するのが早い」といったさまざまなスキルがあります。

リン
リン
是非プレイしてみて自分のお気に入りのキャラクターを見つけてみてはいかがでしょうか。

レベルを上げることにより購入できる武器やスキルが増え、より多様性のある戦いが増えます。

【VRならではの魅力】

やはり一番のオススメポイントなのがVRだからです。普通のFPSとは違い没入感がすごい

その没入感に拍車をかけるのがPlayStation VR シューティングコントローラーです。

実際の動きとキャラの動きが連動してるので、まるで本当に銃をもってるみたいに感じました。

実際の動きとほぼ相違なくターゲットを追え、また、移動および視点の移動もストレスなく行う事ができる。

狭い通路や扉での、クリアリングは、普通のFPSではできないVRならではの楽しさです。

リン
リン
トリガーを引いて撃った時は、実際に銃を撃った感覚になっちゃいます!

モーションセンサーで狙う事が可能なので、コントローラーでのエイムが苦手な人でも楽しめる。

VRということで気になるのが酔いですよね。

私もかなり酔うほうでいろいろVRゲームやってきましたけど、このゲームはほとんど酔わなかったです。

酔い対策にも力を入れており、回転は瞬き方式でフラッシュの様に暗転して回転しますので、とても酔いづらくなっています

賛否両論なところ

モードの少なさ

対戦モードが少なく、4vs4の攻めと守りを繰り返す一種類だけです。

FPSが好きで始めたならまだいいのですが、VRに興味をもってはじめた人には物足りないと思います。

一人でできるストーリーモードとかがあれば、さらに良かったですね。

リン
リン
モードの少なさから、長く続けられるゲームではなかったですね。

外の方が多

オンラインでマッチングするのが海外の方がすごく多いです。

英語が苦手な方でも簡単な単語だけでも割と通じますが、日本の方としかしたくない方には不向きですね。

リン
リン
私は海外の方のノリが好きだったので、特に気にはならなかったです。

最後にまとめ

このゲームをやる人は是非PlayStation VR シューティングコントローラーを買ったほうがいいです。あるのとないのでは没入感にかなり差が出ると思いました。

ただずっと持ってゲームしてると腕が疲れてしまいます・・・リアリティがあるといえば、たしかにそうですが。

ですが、それを含めても久しぶりにVRゲームを楽しめました。

リン
リン
VRゲームを楽しみたい人・FPSが好きな人・これからVRを買おうと思ってる人には是非プレイしてもらいたいです。

『Firewall Zero Hour』

 

公式ページ


 Firewall Zero Hour 評価

6.3

ボリューム (やりこみ要素など)

3.0/10

グラフィック (キャラクターデザイン・背景など)

7.0/10

システム(操作性・インターフェイスなど)

8.0/10

サウンド (BGM・SEなど)

7.0/10

ストーリー (脚本・演出・世界観など)

6.5/10