ゲーム

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL【感想・レビュー】シリーズ最高の面白さ!!

リン
リン
こんばんは、ゲーム大好きリンです。

今回は、2018年12月7日発売の『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』の感想・レビューについてです。

こんな方にオススメ

・スマブラシリーズが好きな方。

・みんなでワイワイ盛り上がれるゲームがしたい方。

・爽快感のある対戦ゲームがしたい方。

リン
リン
あらゆるところが史上最大規模のスマブラ作品!!

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL

ジャンル 対戦型格闘ゲーム
プレイ人数 1~8人
対応機種 Nintendo Switch
メーカー 任天堂

有名ゲームキャラクターたちが、お互いをふっとばし合う対戦型アクションゲーム「スマブラ」の最新作です。

相手にダメージを与えて、画面外までふっとばすというシンプルなルールながらも白熱するバトルが楽しめるのが特徴です。

大乱闘モードでは、通常の大乱闘に加えて「トーナメント方式」「団体戦」といった複数の対戦形式が追加されています。

さらに、一人用モードとして本作から「スピリッツ」というモードが追加されており、遊び応えのある内容になってます。

最大の魅力がシリーズ史上最大規模のボリュームがあるということです。

シリーズ最大規模内容

・70体以上のファイター。

・100種類以上のステージ。

・900曲以上のBGM。

リン
リン
パーティゲームとしても、一人用ゲームとしても満足できる内容に!

ワイワイできる大乱闘

スマブラと言えばみんなでワイワイ盛り上がる大乱闘モードですが、今作もゲームバランスは良くできていると思います。

まず、全体的なゲームスピードが前作と比べてスピーディーになって、サクサク遊べるようになったと感じます。

そして、今作ではリングアウトさせる時の演出が強化されており、これまで以上に爽快感がアップしています。

リン
リン
演出の好き嫌いは人それぞれだと思いますが、個人的には好きな演出でした!

システム面では、連続での緊急回避は隙が大きくなったり、空中回避中に狙った方向に移動できるようになったりしています。

みんなでワイワイ楽しむ分にはあまり気にしなくていいかも知れませんが、対人戦をやりこむ方にとっては、立ち回りがこれまでと変わってくるのではないでしょうか。

そして、今作ではダメージを与えたり受けたりするとゲージが溜まり、スペシャル技を使えるようになってます。

これまでは、「スマッシュボール」というアイテムを攻撃して破壊すると使うことが可能となってました。

ですが、ゲージを溜めて使えるようになったことにより、これまで以上に派手で盛り上がる大乱闘になってます。

・演出、システム面の変更により、爽快感が増している。

・ライトユーザーからコアユーザーまで楽しめるバトル。

充実した一人用モード

みんなでわいわいするゲームのイメージが強いスマブラですが、本作は一人用のモードも充実しております。

特に注目されていたのが、本作から初登場となる『スピリッツ』というモードです。

そのスピリッツの中の「灯火の星」というアドベンチャーモードは、発売前から公開されていたムービーで注目を集めていました。

~あらすじ~

光の化身キーラにより数々のファイターたちが捕まってしまいましたが、唯一免れたカービィを操作して救出と打倒キーラを目指します。

「灯火の星」の舞台は、様々なエリアが存在する一つの大きなボードゲームみたいな作りになっています。

無数の分岐ルートが存在しており、自分の好きな順番から進めていくことができるので自由度が高いです。

リン
リン
マップ上には「特定のスピリッツがいないと通れない場所」や「謎解き・仕掛け」が用意されており、戦闘以外も楽しめます!

灯火の星のバトルは、ルートを進めるため道をふさいでいる敵と戦っていくのですが、基本的に条件付きのバトルになります。

条件付きのバトル一例

・対戦相手がメタル化・巨大・小さくなる等。

・移動速度が遅くなったり、防御力が下がる。

・プレイヤーのみがダメージを受けるダメージ床設置。

多彩な条件でバトルを強いられるので、やりごたえがあるバトルを楽しむことができます。

また、マップ上に捕まったファイターが存在しており、バトルして勝利することにより操作キャラとして選べるようになっていきます。

いつもお気に入りのキャラばかり使っている人にとっては、新鮮な感じでいろんなキャラを使えて楽しめると思います。

リン
リン
「灯火の星」だけで、かなりのやりこみ要素があります!

その他にも一人用のモードとして、ファイターごとのコースでボス撃破を目指す「勝ち上がり乱闘」というものがあります。

キャラクターごとのテーマに沿った、専用のルートやボスが用意されていて非常に凝った作りになっているのが特徴です。

イベントシーンがあるわけではないですが、ストーリー性を感じる作りになっているので原作を知っていると更に楽しめます。

リン
リン
これまでのシリーズであったシンプルモードと違い、飽きにくい作りになっていていろんなキャラで遊びたくなりました!

オフラインのモード以外にも、オンライン対戦が用意されているので気軽に誰かと対戦することもできます。

オンライン対戦では「レートシステム」が採用されている為、やりこみたい方にはとことん自分の実力を試せると思います。

レートが上位になってくると「VIPマッチ」というものが解放されて、世界中の猛者たちと対戦することもできます。

リン
リン
レートシステムの好き嫌いが分かれるでしょうが、レートがあることで何回も挑戦したくなる中毒性がすごい!

・多彩な一人用モードが充実しており、ボリュームがある。

・シリーズ初登場の「灯火の星」は特にオススメ。

賛否両論なところ

・「灯火の星」の難易度

基本的にハンデを抱えてCPUと戦うことが多いので、かんたんモードですらスムーズなクリアは難しいです。

複数の敵に囲まれたり、時間制限がある中で敵が逃げて回るなど、対抗手段がなく初心者の方には非常に厳しい仕様に。

リン
リン
難易度の変更で、敵の数や制限時間なども緩和されるとよかったですね。

・キャラクターの解放

キャラクターが70人以上ですが、初期で使えるキャラが8人と少ないため全てを解放しようと思うと時間がかかります

大乱闘を一回行うごとに挑戦者が一人出て、それに勝利することでそのキャラクターを解放できます。

ですが、一人解放するごとに10分間は次の挑戦者が出てこない仕様になっています。

リン
リン
すぐにお気に入りのキャラを使いたい人にとっては、解放するまでが長く作業に感じてしまうことも。

・オンライン環境

対戦相手の通信環境の影響を受けやすく、相手の誰か一人でも良くない通信環境でプレイしていたらラグがひどくなります。

特にSwitchの仕様で携帯モードで遊ぶことができるため、無線での通信対戦で遊ぶ方も多いと思います。

そのため不安定な回線の人と遭遇することが多いと感じました。

その他にも、優先ルールで2人対戦希望をしたのに4人対戦でマッチングすることがあります。

タイマンを楽しみたい方にとっては、希望のルールでできないのは苦痛でしかないかと。

リン
リン
また、ガチで対戦したい人とわいわいしたい人の区別ができないのも問題かなと感じました。

最後にまとめ

改めて、このシンプルかつ分かりやすいゲーム性が多くの人に評価されてきたのだと実感しました。

また、キャラクター1人1人の細かな作りこみにには、愛を感じさせるぐらいの作りこみで感動しました。

そして前作より、グラフィック・ボリューム・システム面のどれをとっても、満足いく出来に仕上がっています。

みんなで遊ぶもよし!一人で遊ぶもよし!となっており、Switchを持っているなら買って損はなしだと思います。

リン
リン
まさにスマブラシリーズの集大成に相応しく、マンネリを感じさせない作品です!!