ゲーム

ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ/イーブイ【感想・レビュー】ポケモンを捕まえる楽しさが味わえる作品!

リン
リン
こんばんは、ゲーム大好きリンです。

今回は、今回は2018年11月16日に発売された『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ/イーブイ』の感想・レビューについてです。

従来のポケモンシリーズとは異なる点が多々ありますが、挑戦的な試みが多く見られ楽しかったです。

こんな方にオススメ

・ポケモンバトルよりゲットが好きな方。

・Pokemon GOが好きな方。

・ライトなゲームが好きな方。

リン
リン
私は、ポケットモンスター Let’s GO!イーブイを購入しました!

ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ/イーブイ

ジャンル RPG
プレイ人数 1~2人(対戦・交換など 2人)
対応機種 Nintendo Switch
メーカー 任天堂

本作は、1998年に発売された『ポケットモンスター ピカチュウ』のリメイク作品となっています。

カントー地方を舞台に、マサラタウンから各地区に存在するジムリーダーを倒してバッジを集めていきます。

これまでのポケモンシリーズにない、様々な新要素が追加されていて賛否が分かれると思いますが、斬新で個人的によかったです。

また、スマホゲーム「Pokemon GO」との連動が可能となっています。

Pokemon GOで捕まえたポケモンをつれてくることができますが、本作からPokemon GOはできません。

リン
リン
ピカチュウ版の魅力を残しつつも、新要素で新たな作品に進化しております。

野生ポケモンの新たな捕獲システム

本作の捕獲システムは「Pokemon GO」とおなじ仕様になっており、野生ポケモンと戦闘をすることがありません。

実際にモンスターボールを投げるように、Joy-Conを振ることでモンスターボールを投げられます。

投げられるボールには種類があり、ボール以外にも木の実などを投げて捕まえやすくすることができます。

Joy-Conの振り方次第でボールが飛んでいく方向が変わり、ただ振ればいいわけではないので遊んでいて楽しいです。

最初は戦闘がないのはどうなんだろうと思っていました。

「体力を減らしてから捕まえる」「眠らしてから捕まえる」などといった駆け引きが楽しかったからです。

リン
リン
ですが、何回もプレイしていくにつれて、簡単でテンポ良く遊べてありだなと感じました!

・捕獲システムは「Pokemon GO」とおなじ仕様。

・野生ポケモンとの戦闘がないが、テンポ良く快適に遊べる。

臨場感ある新デバイス登場

本作の発売と同時に『モンスターボール Plus』というデバイスが発売されました。

Joy-Conの代わりにコントローラーとして遊ぶことができ、モンスターボールPlusだけでゲーム内の操作が全て行えます。

モーションセンサーの機能やポケモンをゲットした時に、

  • 捕まえたポケモンの鳴き声が流れる。
  • ボールが光る。
  • ボールが振動する。
リン
リン
様々な機能がついているため、Joy-Conで遊ぶより臨場感がありました。

その他にも、好きなポケモンをモンスターボールPlusに入れて外へ連れていくことができます。

外出の際に持ち歩くことにより、歩数を計測する機能があるため、ゲーム内に返した時に経験値やアイテムがもらえます。

いい機能ばかりですが、モンスターボールPlusにおいて使いづらい要素が1つあります。

それは、モンスターボールPlusでの操作でSwitchのホーム画面に戻れないと言うことです。

リン
リン
ゲーム内の操作は申し分ないので、気にならない方は是非購入をおすすめします!

・臨場感がある、ポケモンの捕獲を楽しめる。

・外出時に持ち歩くことで、様々な恩恵を得られる。

・モンスターボールPlusからは、ホーム画面に戻れない。

快適になった変更点

オリジナルのピカチュウ版と比べ、様々な要素が快適にプレイできるように変更されています。

・シンボルエンカウント式

これまでは、草むらなどで「ランダムエンカウント」により野生のポケモンと遭遇していました。

ですが本作では「シンボルエンカウント」になっているため、フィールドに野生ポケモンが表示されます。

リン
リン
欲しいポケモンが狙いやすくなったり、遭遇したくない時は避けていくことができるので快適です!

・ボックスの仕様変更

これまでは、ボックスのポケモンを引き出そうと思ったら、パソコンの前まで行く必要がありました。

ですがメニュー画面からボックスの操作ができるようになり、手持ちの入れ替えなどが楽に行えます。

リン
リン
いちいちポケセンまで戻らなくて良くなったので、嬉しい変更でした!

・ポケモンの経験値

本作は、ポケモンの捕獲で経験値がもらえる仕様になっています。

「捕獲・トレーナーのバトル」のどちらも、手持ちの控えポケモンにも経験値が入るのでレベルが上げやすくなってます。

リン
リン
捕獲した際の「ポケモンサイズ」「ボールの投げ方」などでボーナスが入るので、さらに経験値が美味しいです!

その他にも「ひでんマシン廃止」「特性廃止」など変更されています。

とことん快適に遊べるようにされているので、「初めてポケモンを遊ぶ人」「社会人であまり時間がない人」にとっては遊びやすくなってます。

・快適に遊べるようにされた、様々な仕様変更。

美麗なグラフィック

冒頭でも説明しましたが、基本的な目的は変わってません。

ジムリーダーを倒し、バッジを集め、リーグに挑戦し「ポケモンマスター」を目指します。

ですが、グラフィックがドッド絵から3Dに変更されているのには感動しました。

新しいシティにたどり着くたびに、ドッド絵がどのように表現しなおされているのか見比べるのがすごく楽しいです。

リン
リン
懐かしさを感じつつも、新鮮な気分で遊べました!

賛否両論なところ

・野生ポケモンの捕獲方法

Pokemon GO」の仕様になりテンポがよくて快適にはなったが、旧来方式の方が駆け引きがあって面白さがあります

「野生のポケモンは戦ってレベルを上げたい・ゲットしたい」という人には向かない。

リン
リン
ボールを投げるのにもコツがいるので、なれない方には大量にボールを消費しちゃいます。

・やりこみ要素がない

殿堂入り後、オンラインでのレート対戦 フリー対戦がないのであまりやり込み要素が少ない。

図鑑を埋めたり、マスタートレーナーを倒すことぐらいしかない。

リン
リン
物足りなさを感じますが、初めてポケモンをやる人や小さい子にはちょうどいいボリュームかもしれません。

まとめ

対戦がメインと考えている方には少し物足りないのかもしれませんが、捕獲して図鑑を埋めたりするのが好きな人には申し分なしだと思います。

据え置き版のPokemon GOという印象がつよく、Pokemon GOが好きで初代をやったことがない方には特にオススメできる作品です。

コアな方とカジュアルな方で賛否が分かれると思いますが、捕獲をメインで楽しめるかどうかだと思います。

リン
リン
可愛いイーブイ・ピカチュウが気になる方は是非遊んでみてはいかがでしょうか!

Let’s Go! ピカチュウ/イーブイの違い

何が違うのか分からなくて、迷っている方も多いのではないでしょうか。

そんな方のために、違いをご紹介しておこうと思います。

・相棒のポケモンが違う

本作は、ピカチュウ版ならピカチュウをイーブイ版ならイーブイを相棒にすることができます。※この二匹以外は相棒にできません。

【相棒のポケモンができること】

「着せ替え」・・・帽子、メガネ、洋服、小物を着せ替えすることができる。

「ふれあい」・・・撫でたり、木の実をあげたりして触れ合うことができる。

「髪型」・・・相棒のポケモンの髪型をかえれる。

「相棒技」・・・相棒だけが使える技がある。

ピカチュウ イーブイ
技名 効果 技名 効果
ピカピカサンダー 仲が良いほど威力UP ブイブイブレイク 仲が良いほど威力UP
ざぶざぶサーフ みずタイプ技 いきいきバブル みずタイプ技
ふわふわフォール 飛行タイプ技 びりびりエレキ でんきタイプ技
めらめらバーン ほのおタイプ技

・出現ポケモンの違い

出現ポケモンの違い・出現のしやすさが違います。

ピカチュウ版 イーブイ版
サンド ロコン
ナゾノクサ ニャース
ガーディ マダツボミ

※進化系のポケモンも含みます。例「サンド→サンドパン」

それと『モンスターボール Plus』がセットになったものがあるので、モンスターボール Plusが欲しい方はセットがお買い得です。