ゲーム

オクトパストラベラー【感想・レビュー】2Dの正統進化と言えるゲーム!

こんばんは、ゲーム大好きリンです。

今回は、2018年7月13日に発売された『オクトパストラベラー』の感想・レビューについてです。

最近のスクウェア・エニックスの作品の中では、非常に良くできています。

近頃は、美しい3Dグラフィックで描いた世界観が当たり前みたいになってますよね。

そんな中、昔ながらの2D表現に今の技術が合わさり、これほど素晴らしい作品ができるのかと感心しました。

こんな方にオススメ
  • 昔ながらのRPGが好きな人
  • ドット絵が好きな人
  • コマンドバトルの戦闘が好きな人
リン
リン
スーパーファミコン世代にはたまらない作品となってます!

オクトパストラベラー

ジャンル RPG
プレイ人数 1人
対応機種 Nintendo Switch
メーカー スクウェア・エニックス

オクトパストラベラーは、スクウェア・エニックスが贈る完全新規RPGとなってます。

8人の登場人物から1人を選択して、世界を冒険する王道のRPGとなっており、それぞれ独自の物語があります。

グラフィックでは、昔ながらのドット絵に3DCGの画面効果を加えた、新たな表現技法が用いられています。

戦闘はオーソドックスなコマンドバトルで、「弱点」と「ブースト」の概念が重要で戦略的なバトルが特徴です。

リン
リン
レトロに見えるけれども、どこか新しい。そう思わせる作品に仕上がってました!

【「HD-2D」という新たなグラフィック】

オクトパストラベラーは、なんといっても「HD-2D」を使った独特なグラフィックが特徴です。

オクトパストラベラー

キャラクターの2Dドット絵と、3Dポリゴンの背景が違和感なく融合しており、温かみを残しつつも古臭さを感じさせない表現になってます。

ドットのキャラクターが薄いハリボテのように感じることはなく、フィールドと上手く噛み合って不自然さがありません。

ドットだから劣るということは無く、適当に歩くだけでもその美しさを感じられ、見慣れた3Dグラフィックよりも新鮮に感じました。

さらに、「被写界深度」という背景の手前と奥をぼかしている効果が使われております。

例えば、

オクトパストラベラー

吹雪の先に見えた町の灯りを目指していくところで、見えない先がだんだん見えてくるように演出されています。

こうした演出のおかげで、没入感が増してゲームの世界に引き込まれてしまいます

リン
リン
水平線の揺らめきや、雪原がキラキラと輝いたりしているのがすごく綺麗でした!!

・「HD-2D」を使った独特なグラフィック表現。

・「被写界深度」をつかった様々な演出。

【戦略性のある戦闘】

バトルシステムはオーソドックスなターン制のコマンドバトルです。特徴的なシステムにより、奥深い戦術的な戦いを楽しむことができます。

まず、2つの特徴的な要素を紹介したいと思います。

・ブレイク

敵にはそれぞれシールドがあり、弱点を突くたびにシールドが削れていきます。

すべて削りきるとブレイクが発生し、大ダメージのチャンスが訪れます。

オクトパストラベラー
リン
リン
削りきった時に、スロー演出とともに、バリーン!と割れる演出は派手で気持ちいいです!!

・コマンドブースト

ターンの経過とともにBPが溜まっていくのですが、消費することでブーストがかかります。

それにより、通常攻撃の回数アップアビリティの威力アップ」などできます。

リン
リン
敵の弱点をつきガードをはがした後に、強力な一撃をあたえるのが楽しいです!!

そして、この2つの要素と敵味方の「現在のターンと次のターンの行動順」が表示されていることにより、戦略性があるゲームに仕上がってます。

オクトパストラベラー

「BPを使って一気にシールドを削るか、ブレイクさせた後に使うか?」

「回復を優先するか、ブレイク優先するか?」

など、様々なことを考えると思います。

数手先のことを考えながら、思い描く戦略で戦闘を進めていくシステムが本当に素晴らしいです。

・オーソドックスなターン制のコマンドバトルで、戦略性がある。

・「ブレイク」「コマンドブースト」の要素を絡めた、奥深い駆け引き。

【独立した8つの物語】

本作は8人の主人公が存在し、それぞれに専用の物語が用意されています。

オクトパストラベラー

ゲーム冒頭で主人公を選択し、選ばなかった7人は街中で話しかけることで仲間にできます。

各キャラクターの物語は4章構成で短めですが、一つ一つ良くまとまってると思います。

そして一番印象に残っているのが、「最後の最後で8つの物語がすべて繋がる」ということです。

8人それぞれの物語が独立しているように見えて、時々交差したり、深くひも解いてみると1つの真相へと収束していきます。

真相にたどり着く・着かないでストーリーの評価が大きく変わるのでぜひ見てもらいたいです。

リン
リン
最後の最後で、全ての真相を知ったときは鳥肌物でした!!

さらに、戦闘やフィールドでのBGMが素晴らしく、物語を盛り上げてくれる要素の1つとなってます。

特にすごかったのが、イベントシーンからボス戦に入るときの繋ぎ方。

ボス戦に入るときのイントロがキャラクターによって違い、ものすごくかっこよかったです。

・8人の主人公で、それぞれの物語がある。

・全員のストーリーをクリア後に・・・・

【街中で楽しめる要素】

本作は「フィールドコマンド」によって、NPCに話しかける以外のアクションを取ることができます。

オクトパストラベラー

8人のキャラクターそれぞれ異なった、フィールドコマンドとなってます。

レベルや通貨消費を条件とした「正道」を扱う4人と、運次第では対価なく成果を得られる代わりに失敗がある「邪道」の4人。

フィールドコマンドの例
  • 買取る」・・・人々から持ち物を、買取ることができる。
  • 盗む」・・・人々に対して盗みを働くことができる。
  • 誘惑」・・・人々を誘惑し、連れまわすことができる。
  • 試合」・・・人々に、試合を申し込むことができる。

「正道」と「邪道」どちらを多用するか、プレイヤー次第なので様々なアクションを街で楽しめます。

買取る」で店には売ってない希少なアイテムを買うことができたり、「盗む」で誰かが必要としているアイテムを盗み出すことができる。

試合」で進路を妨害する敵をねじ伏せたり、「誘惑」で村人をバトルに加勢してもらったりできます。

リン
リン
8人別々のフィールドコマンドでいろんなアクションができ、それぞれ個性が出ててすごく良かった!

こうしたフィールドコマンドは、サブストーリーを進めるうえでも重要になってきます。

1つのサブストーリーに対して、複数の解決方法が用意されていることもあります。

例えば、

ある風景画家のファンのところに、画家本人を連れていくか、もしくは画家の最後の作品を持って行くかで結末が若干変わる。

複数の解決方法があることで、自分だけのストーリーって感じがしてすごく良いです。

さらによかったのが、サブクエストのシナリオがすごく考えられたシナリオだと言うことです。

メインストーリーで登場した人物たちが、思わぬところでつながっていたり、NPC同士にも繋がりがあったりします。

リン
リン
サブクエをこなすことで、少しずついろんな世界観が見えてくるのが面白かったです!!

・8人それぞれの「フィールドコマンド」で様々なアクションができる。

・フィールドコマンドを活かしたサブクエストが多彩。

賛否両論なところ

敵との戦闘が長い

パーティメンバーの構成が敵と相性が悪いと弱点を取れないケースがあります。

その時にブレイクが出来ないので(弱点攻撃が出来ない)敵との戦闘が長くなってしまう。

パーティメンバーの入れ替え

パーティメンバーの入れ替えが、町の酒場のみでしかできない。

敵に合わせた属性で攻撃することで戦闘時に有利を取れるシステムなので、いちいち町まで行って敵の構成に合わせた編成しないといけない。

リン
リン
バトル中のパーティメンバーの入れ替え機能があればよかったです!

最後にまとめ

近年のRPGには珍しい「丁寧に作り込まれた普通のRPG」だと感じました。

懐かしさを感じる雰囲気を持ちつつも、どこか新しいと思わせる、そんなゲームとなってます。

スーパーファミコンの頃のRPGが大好きだった方には、ぜひ遊んでもらいたい作品です。

そして、これまでドット絵のゲームをしたことがない方にも、HD-D2という新たな表現の仕方でなじみ易くなっていると思います。

リン
リン
興味をもたれた方は、一度遊んでみてはいかがでしょうか!