ゲーム

マリオカート8デラックス【感想・レビュー】みんなで盛り上がれる定番ソフト!

リン
リン
こんばんは、ゲーム大好きリンです。

今回は、2017年4月28日に発売された『マリオカート8デラックス』の感想・レビューについてです。

2014年に発売されたWiiU専用ソフト『マリオカート8』の移植作品で、さまざまな改良点や新要素が追加されています。

こんな方にオススメ

・マリオカートシリーズが好きな方。

・みんなで盛り上がれるゲームを探してる方。

リン
リン
WiiU版を遊んでない方には間違いなくオススメできる仕上がりになっております!

マリオカート8デラックス

ジャンル レースゲーム
プレイ人数 1~4人(オンライン時2~12人)
対応機種 Nintendo Switch
メーカー 任天堂

マリオカート8デラックスは、WiiU版の内容とDLCで追加されたキャラやコースが全て収録されています。

さらに、WiiU版からの変更点や新要素がふんだんに盛り込まれており、前作を遊んだ方にも楽しめる内容になってます。

Switchならではの様々なモードで遊ぶことができ、携帯モードで外でも遊ぶことができます。

移植+αの作品ながらも、移植もとのWiiU版を大きく上回る売り上げを記録しております。

リン
リン
シリーズ最大である全48種類のコースも魅力的です!

WiiU版からの変更点や新要素

・ハンドルアシスト機能

ハンドルアシスト機能はコースアウトしそうになると、自動でハンドルを切ってコース上に方向転換してくれます。

設定でオン/オフの切り替えができるので、プレイヤーにあわせた使い分けが可能に。

デメリットとしては、「ウルトラミニターボが発動しない」「コース外に出るショートカットができない」などあります。

初めて遊ぶ方でも、コースアウトでいっぽうてきな試合になることがないので、勝負の駆け引きを楽しむことができます。

リン
リン
初めてマリオカートを遊ぶ方や小さい子にとっては嬉しいシステムです!

・ウルトラミニターボ

長時間ドリフトを続けることで発生する「ミニターボ」「スーパーミニターボ」等があります。

ですが本作から、さらに長時間続けることにより「ウルトラミニターボ」が発動します。

使いどころが難しいですが、その分加速できるのでタイムアタックには必須のテクニックだと思います。

リン
リン
上級者向けの新しいテクニックとして、やりこみがいがあります!!

・アイテムが2つまで持てる

2つのアイテムを持つことができ、派手で戦略性のあるレースバトルが楽しめます。

コース上の一部のアイテムボックスが、一度に2つのアイテムをゲットできるボックスに変わっています。

さらに本作では、2つの新アイテムが追加されてます。

テレサ」・・・一定時間透明になり、甲羅やバナナをすり抜ける。そして、他のプレイヤーからアイテムを奪える。

ハネ」・・・カートが高くジャンプして、バナナなどを飛び越える。※バトルモードのみ。

アイテムを2個までもてることで、一発逆転の可能性が高くなり、最後の最後までハラハラする展開が楽しめます

「スターとキラー」といった組み合わせで、最下位から一気に上位まで食い込めたりできます。

リン
リン
諦めなければ最後までわからない!という感じですごく盛り上がります。

その他にも、本作からの追加された新キャラクターも魅力的です。

  • クッパJr.
  • キングテレサ
  • カロン
  • 「スプラトゥーン」のボーイとガール

個人的に「スプラトゥーン」が好きなので、ジャンプアクションを決めるとイカになったりと作りこまれており嬉しかったです。

・初心者から上級者まで幅広く楽しめる、新システム搭載。

楽しくなったバトルモード

WiiU版では「一つしかないルールや使いまわし」により酷評となってましたが、一新されて帰ってきました。

本作から、バトル専用コース8つと専用ルール5つが用意されており、今までのシリーズを越えるボリュームになっています。

専用ルール

ふうせんバトル」アイテムを使用して、相手の風船を割る。

ドッカン!ボムへい」ボムへいだけの、ふうせんバトル。

あつめてコイン」散らばっているコインを集めて枚数を競う。

いただきシャイン」シャインを奪い、20カウント逃げ切る。

パックンVSスパイ」制限時間内にスパイチームを全員捕まえる。

今まで以上にボリュームも楽しさも充実した内容のバトルモードで、盛り上がること間違い無しです。

個人的に一番面白かったのが「パックンVSスパイ」です。

パックン側は時間内にスパイを全員捕まえれば勝ちで、スパイ側は制限時間内を逃げ切れれば勝ちとなってます。

スパイ側は檻の中に捕まっても助けることができるので、スパイ側とパックン側の駆け引きが非常に面白いです。

チーム戦なので味方との連携が重要になり、必然的にコミュニケーションをとるので自然と盛り上がるのも良かったです。

リン
リン
子供の頃に遊んだ「ケイドロ」をしてるようで面白かったです!!

・バトルモードがルール・コース共に充実したボリューム。

・レースとは違ったチーム戦の駆け引きが楽しめる。

やりこみたくなる中毒性

マリオカートと言えば「レースの展開が一戦一戦違ってくる」ので、何度も遊びたくなる面白さがありますよね。

同じコースであっても、アイテムや対戦する人によって1位を取れるかわからないのが非常に盛り上がります。

1レースがそんなに長くないので、空いた時間にやろうと思えて、気軽にできるのも良い所です。

そして、やりこみ要素としてオンライン対戦がしっかりあるので、国内のプレイヤーや海外のプレイヤーと対戦も楽しめます。

レースだけではなく、バトルモードのレート戦もあるのでバトルの方が好きな方には嬉しい要素です。

リン
リン
レート戦があることでコンピューターでは味わえない、激しいバトルに熱くなります!

また、ネット環境がなくてもタイムアタックで好きなコースをやりこむのも楽しいです。

これまでの最高記録を0.1秒でも縮められたら、達成感があって嬉しいです。

・安定した面白さで、何回も遊びたくなる。

・一人で楽しめるやりこみ要素も充実。

賛否両論なところ

・WiiU版からの目新しさ

WiiU版を持っていて尚且つDLCを全て購入していた人にとっては、あまり目新しさがないです。

WiiU版のデータがあると何か特典がもらえるとかなら、損した気分にならずに良かったと思います。

リン
リン
持ってない人からしたら、文句なしのボリュームなのは間違いないです!

・隠し要素が無い

本作は、コースやキャラクターが最初から解放されている為隠し要素がほぼないです。

最初から全て選びたいと思う人もいると思いますが、個人的に隠し要素を解放する楽しさも欲しかったです。

リン
リン
隠し要素があることでモチベーションもあがりますよね!

最後にまとめ

『マリオカート8 デラックス』はマリオカートシリーズをはじめて遊ぶ、初心者の人にとってはオススメできる作品です。

全48コース、42キャラクターはシリーズ最高のボリュームで、システム面も文句なしの出来です。

WiiU版であったバトルゲームなどの様々な問題点が、改善されているのも高評価の一つです。

リン
リン
熱い対戦の「レースゲーム」ワイワイ遊ぶ「パーティゲーム」のどちらとしても、完成度が高いので、気になった方は是非遊んでみて下さい!