ゲーム

ARMS【感想・レビュー】手に汗にぎる熱い戦い!

ARMS

こんばんは、ゲーム大好きリンです。

今回は、2017年6月16日に発売された『ARMS』の感想・レビューについて書いていきたいと思います。

このゲームは遊んでみると、Switchというハードの可能性を体感できると思います。

こんな方にオススメ
  • 対戦格闘ゲームが好き
  • Switchならではのゲームがしたい方
  • ゲームで体を動かしたい方
リン
リン
単純そうなゲームに見えますが、やればやるほど奥が深いです!!

ARMS

ジャンル 新・格闘スポーツ
プレイ人数 1~4人
対応機種 Nintendo Switch
メーカー 任天堂

本作は、任天堂による完全新規のオリジナル作品で、本格格闘アクションゲームとなっています。

Joy-Conでプレイヤーの手の動きにあわせてファイターが動き、パンチや多彩なアクションをくり出せます。

実際の身体の動きとキャラクターの動きがシンクロして、思い通りの闘い方ができたときの爽快感がすごかったです。

リン
リン
Joy-Conを使った体感操作なので、普段のゲームと違った面白さがありますね!

【キャラとシンクロできる体感操作】

本作は2つのJoy-Conを、縦に持った「いいね持ち」でプレイすることができます。

ARMS

右手を突き出せば、キャラクターが右手でパンチを繰り出し、左手を突き出せば、左手でパンチを繰り出します。

この操作性が、キャラとのシンクロした感じを味わうことができるのです。

リン
リン
まるで自分自身が本当に両手で戦っている感じがして、夢中でJoy-Conを振ってました!

いいね持ち」による体感操作は面白いので是非とも遊んでもらいたいのですが、慣れるまでに時間がかかるということがデメリットですね。

これまでゲームをやってきた人なら、Proコンなどのコントローラーでやった方がやりやすいと思います。私もProコンでやってみたら、やりやすかったです。

本作はSwitchならではの様々な操作方法があり、自分にあった操作方法が選べるのがありがたいですね。

豊富な操作方法
  • いいね持ち
  • Joy-Con横持ち(おすそ分けプレイ)
  • Joy-Conグリップ
  • 携帯モード
  • Proコントローラー

リン
リン
私はオンラインではProコン、オフラインはいいね持ちで使い分けて楽しんでました!

【手に汗にぎるガチ対戦】

最初は「誰でも気軽に遊べる、緩い対戦ゲーム」だと思ってましたが、遊んでみれば全くの正反対でした。

ARMS

本作は、通常攻撃と前後左右の通常移動に加え、ガード・回避・ジャンプなどがあります。

さらにARMS独自の要素として、敵のアームの攻撃に自分のアームの攻撃を当てることで弾くことが可能となっています。

そしてARMSには、個性豊かなキャラクターがいて、パワースピードバランス特殊型などの個性が違うキャラクターがいます。

ARMS

そこに、キャラクターが装備できる様々なアームが用意されています。その中から3つまで選んでセットできます。

アームにも、ダメージスピード属性など性能が違っており、重さが設定されています。

同じ重さだと、アーム同士がぶつかった時に相殺できるが、重いアームと軽いアームがぶつかった時は軽いアームが弾き飛ばされます。

キャラとアームによって戦い方が違ってくると思うので、それぞれの特徴を把握しておくことが重要ですね。

以上の操作や個性をふまえて、基本の対戦がタイマンメインとなっておりプレーヤー間の実力差がはっきりと出てきます。それに加えて、一発逆転の要素もほとんどないです。

なので、ガチの格闘対戦が楽しめる感じになっております。

リン
リン
オンライン対戦を何回かやったのですが、手も足も出なかったですね…

ですので、オンラインをやるまえにCPUと戦って、ある程度慣れてからの方がいいと思いました。

キャラの使いやすさとかあるけど、大会を見てると色んなキャラやアームを使っているのを見る限りでは、ゲームバランスは非常に良くできていると思います。

【カジュアルに楽しめる様々なルール】

ARMSはガチな対戦格闘だけじゃなく、様々なルールで遊ぶことができます。
ARMS

  • バレーボール・・・爆弾の入ったボールを、ネットを挟んで打ち合います。
  • バスケット・・・投げ技で相手をつかみ、ゴールに叩き込む。
  • マトアテ・・・次々に現れるマトをパンチで当てて点数を競います。
  • 100人組み手・・・次々と現れる敵を倒す。
リン
リン
ARMS独特のルールであそべる、バレーとバスケはなかなか楽しかったです。

賛否両論なところ

・CPUの強さ

ARMSの一人用モードとして、グランプリモードがあるのですが、とにかくCPUが強いです。

オンラインのランクマッチを解放する為に、グランプリのレベル4をクリアしないといけません。(レベル7まであります)

ですが操作になれていないと、レベル2ぐらいで苦戦してしまいます。

大体の人は、最初にいいね持ちで始める人が多く操作が不慣れだと思います。

そんな状況で、一人モードのグランプリを始めて心が折れるかもしれません…それぐらい強いのです。

リン
リン
私も最初「いいね持ち」でやってましたが、レベル4以降はやりやすいProコンでやってました。

・一人モードの少なさ

一人で遊ぶモードとして、グランプリしかありません。

様々なルールはありますが、一人で黙々とひたすら対戦で遊ぶだけなのも限界があると思います。

オンラインでガンガン対戦するならいいですが、オフラインのみだと遊び要素が少ない。

リン
リン
せめてストーリーモードなんかがあればよかったですね。

最後にまとめ

買う前のイメージとは正反対でしたが、体感できる対戦格闘ゲームとしては素晴らしい出来だと感じました。

気軽に楽しめるというよりは、ガチ対戦なので人を選ぶ作品でもあります。

格闘ゲームが好きで、オンラインでガンガン対戦したい人にはもってこいのゲームではないでしょうか!

また、友達や家族と様々なルールでワイワイ盛り上がれるゲームであるので、パーティゲームとして買うのもありだと思いました。

もし興味をもってもらえたら一度遊んでみてはいかがでしょうか!