ゲーム

SEKIRO: (隻狼)【感想・レビュー】中毒性のある剣戟アクション!

リン
リン
こんばんは、ゲーム大好きリンです。

今回は、2019年3月22日に発売された『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』の感想・レビューについてです。

「DARK SOULS・Bloodborne」などで知られるフロム・ソフトウェアの最新作が発売されました。

戦国末期の日本が舞台となっていて、戦国時代が好きな私にとってはとても楽しみにしておりました!

こんな方にオススメのゲーム

・高難易度アクションゲームが好き。

・日本の戦国時代が舞台の和風ゲームが好き。

・ソウルシリーズが好き。

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE

ジャンル アクション・アドベンチャー
プレイ人数 1人
対応機種 PlayStation 4・Xbox One
メーカー フロムソフトウェア

SEKIROは「ソウルシリーズ」といった高難易度アクションで知られるフロムソフトウェア最新作のアクションアドベンチャーゲームです。

これまでのファンタジー路線から舞台が日本の戦国時代となっており、日本古来の美しい風景と戦乱の風景が混ざり合った世界観になってます。

プレイヤーは1人の忍びとなって、刀と刀がぶつかりあう剣戟や多彩な義手忍具をつかったアクションなどを楽しむことができます。

システム面においても、スタミナを廃止し新しい「体幹」という要素が登場し、これまでにないアクションに。

リン
リン
難しさにおいても、ソウルシリーズ同様に強敵との死闘を楽しめる難易度になってます!

緊張感溢れる剣戟アクション!

SEKIROの最も面白く魅力的なポイントは、スリリングな剣戟アクションを楽しめるところです。

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE

ソウルシリーズではヒット&アウェイを繰り返す戦闘でしたが、SEKIROは刀と刀がぶつかりあう激しい戦闘システムになってます。

新しく「体幹」「弾き」というシステムが追加され、激しい剣戟アクションを可能にしてました。

【体幹】

体力とは別に用意されたゲージで,攻撃をくらったり,ガードしたりするとダメージを受けて溜まっていきます。

ゲージがいっぱいになると,無防備な状態になり「忍殺」という敵の体力に関わらず即死させれるアクションが可能に。

【弾き】

敵の攻撃が当たるタイミングでガードボタンを押すと発生し,成功すれば相手の体幹にダメージを与えられる。

ソウルシリーズでいうところの「パリィ」に似た感じですが、弾きは失敗してもガードになるので安心です。

自分と敵の両方が、攻撃をガードと弾きで防ぎ,隙を見て攻撃。といった流れを繰り返すため必然的に激しい剣戟アクションをすることに。

刀と刀がぶつかり合う剣戟は、死と隣り合わせの緊張感溢れる戦闘を味わうことが出来ます。

リン
リン
そして、ボス戦での剣戟アクションと体幹を削る攻防の駆け引きが熱く楽しいです!

・刀がぶつかり合うギリギリの駆け引きを味わえる剣戟アクション!

本格的な忍者アクション!

SEKIROの主人公は忍びということで、忍者らしいアクションも満載でした。

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE

背後に忍び寄って忍殺を決めたり、敵の注意をそらして横を通り抜けるなどステルスアクションも豊富です。

そして特に良かったのが「鉤縄」を使って屋根の上などの道なき道を移動するのが、爽快感があって気持ちいいです。

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE

高い所に移動することで、地上の敵の位置を把握して戦略をじっくり練ることができます。

リン
リン
どのように倒していけば見つからずに忍殺できるか考え、ステルスアクションをうまく使って攻略できた時の嬉しさはたまらないです!

そして、本作のメイン武器は刀となってますが、サブ武器として「義手忍具」というものがあります。

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE

義手忍具には様々な忍具を仕込むことができ、状況に合わせて使い分けていくことができます。

多彩な忍具

・遠距離から攻撃できる手裏剣。

・盾を叩き壊す仕込み斧。

・音と光で敵をひるませる爆竹。

・敵の攻撃を防ぐ仕込み傘。

リン
リン
それぞれの忍具にしっかり使い道があって、使っていて剣戟アクションとは違った楽しさがありました!

・様々な戦術が立てられる忍者アクション。

・戦闘に大きな変化をもたらす義手忍具。

ソウルシリーズ以上の歯ごたえのある難易度!

「ソウルシリーズ」のフロム・ソフトウェアという事で、難易度は非常に高く歯ごたえがありすぎます。

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE

遊んでみて感じたのが、ソウルシリーズよりも難しくプレイヤーの心を折りにかかってるような感じでした。

SEKIROの難しく感じたところは、

  • デスペナルティが、経験値とお金を半分失ってしまい回収もできない。
  • ステータスを増やすアイテムは、ボス限定でゲットすることができる。
  • オンライン要素がなく、ソロでのみボスに挑んでいかなければならない。

ソウルシリーズでは、レベルを上げてから挑むといったことができましたが、本作は稼いだところでパラメーターは上がりません。

なので、プレイヤースキルを上げる以外の選択肢がなく、心を折られるプレイヤーも少なくはなさそうです。

リン
リン
難しければ難しいほど、がんばって強敵を倒した時の達成感はすさまじいのでやみつきになってしまいます!

・ソウルシリーズを凌駕する難しさで、頼れるのは己のプレイヤースキルのみ。

多彩なスキル!

SEKIROは、レベルという概念がなくステータスの割り振りがありませんが、様々なスキルが習得できるスキルツリーが用意されています。

探索を進めていくことで、新たなスキルツリーを解放することができるため探索がより有意義に。

そして、スキルには「流派技・忍びの体術・常在効果」といった様々なスキルがあって、どれから解放していくか悩むのが楽しいです。

実用的なスキルから取るか、趣味的なスキルから取るかプレイヤーそれぞれの個性が出るのも面白いですね

リン
リン
威力は高くないですが、見た目が派手でカッコイイ流派技は使っていて楽しかったです!

・レベルの概念の変わりに、スキルツリー方式の成長要素。

日本古来の美しいマップ!

舞台となるのは日本の戦国時代ということで、「壮大な城とその城下町・紅葉が舞うお寺」など日本古来の風景を堪能できます。

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE

四季の表現もしっかりと描かれており、フォトモードなんかがあれば美しい景色を撮りまくっていたと思います。

また、マップの作りが非常に立体的で複雑な作りになっており、探索やステルスアクションの面白さが増していました。

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE
リン
リン
戦国時代などが好きな人にとっては、たまらないマップで走り回っているだけで楽しいと思います!

ソウルシリーズとの違い!

DARK SOULS・Bloodborne」を遊んだことがある人に向けて、簡単に違いを紹介します。

ソウルシリーズとの違い

・キャラメイクがない。

・スタミナが廃止で、「体幹」のシステムが追加。

・ステータスの割り振りがなく、スキルを習得する。

・オンラインマルチプレイなし。

・「回生」システムで復活ができる。

・鉤縄を使用して高低差のある場所を移動できる。

賛否両論なところ

・難易度の高さ

あまりにも難易度が高く、プレイヤースキルに大幅に頼らねはならない仕様となった。

マルチプレイで他プレイヤーの協力、経験値を増やし自身のレベル上げ強化ができなくなったのが主な原因だと思います。

リン
リン
楽しめる方も沢山おられるでしょうが、達成感を味わう前に心が折れる方も多そうです。

・武器・防具の固定

SEKIROは、武器がメインの刀と義手忍具だけで防具が無しとなっているためソウルシリーズと比べると寂しく感じる。

豊富な武器と防具があって、集める楽しさや見た目が変わる防具などがあればよかったですね。

リン
リン
その分、刀・義手忍具のスキルでアクションに幅を待たせている感じがしました!

最後にまとめ

アクションゲームとしては間違いなく最高傑作で、とてつもない達成感を味わえる作品でした。

ただし、最高難度のアクションゲームで人を選ぶゲームであり、万人におすすめできるゲームではありません。

自分のプレイヤースキルを最大限駆使してボスに挑み、何回もの死闘の末味わえる勝利の余韻と達成感は他のゲームを軽く凌駕しています。

間違いなくソウルシリーズ好き・アクションゲームに自信がある方にはオススメできる作品です。

リン
リン
ぜひ、最高難易度の剣戟アクションゲームを楽しんでみてください!
created by Rinker
¥7,106
(2020/06/06 04:49:34時点 楽天市場調べ-詳細)