ゲーム

龍が如く 極2【感想・レビュー】前作以上のボリュームがあるリメイク作品!

リン
リン
こんばんは、ゲーム大好きリンです。

今回は、2017年12月7日に発売された『龍が如く 極2』についての感想・レビューについてです。

全作楽しませてもらってるいちファンとして、とても楽しみにしていたリメイク作品です。

PS2の頃遊んでいた人にとっては、懐かしさを感じるんじゃないでしょうか。

こんな方にオススメ

・熱い人間ドラマが好きな方。

・サブ要素が豊富なゲームを遊びたい方。

・龍が如くシリーズが好きな方。

リン
リン
龍が如くシリーズの中では、個人的に一番ストーリー内容が好きな作品です!

龍が如く 極2

ジャンル アクションアドベンチャー
プレイ人数 1人
対応機種 PlayStation 4
メーカー セガ

本作は、シリーズ第ニ作目である『龍が如く2』のリメイク版となっています。

龍が如くシリーズの中では、作品評価が最も高い本編をベースに新たに様々な要素を追加されています。

オリジナル版にはなかった「新しいシナリオ・新しいミニゲーム」等が追加されており、前作リメイクよりもボリューム豊富に。

そして、ストーリーを熱くする俳優キャスト陣も一新されており、自身の顔を元に作成した3DCGのキャラクターとして出演しています。

リン
リン
「龍が如く 極」からはじめた人には是非遊んで欲しい作品です!

「ドラゴンエンジン」の採用

本作の基本的なアクションやシステムは、龍が如く6で開発された「ドラゴンエンジン」を使用しています。

龍が如く極2

グラフィックでは龍が如く6と同等の綺麗さとなっており、神室町や蒼天堀の街の作りこみが非常に凝っています。

建物の中にも読み込み無しで入れる「シームレス化」しており、街中で起きるエンカウントも逃走可能に。

リン
リン
建物の細かいところにも読み込みなしで行けるようになっているので快適になってます!

システム面が龍が如く6と同じで、6であった不満点に関して心配でしたが改善されていることが多かったです。

龍が如く極2
6で不満点の改善内容

・オートセーブが廃止され、どこでもセーブができる。

・経験値取得のバランスの悪さがあったが、まんべんなく稼ぐことができるようになった。

・龍が如く6で入れなかった、公園前通りとチャンピオン街が復活。

リン
リン
全ての不満点が改善されているわけではないですが、多数の改善により遊びやすくなっていると感じました!

・美麗なグラフィックで、街の作りこみが素晴らしい。

・建物移動のシームレス化により、ゲームプレイが快適。

・酷評の多かった6のシステム面が多数改善されている。

シリーズ屈指の熱いストーリー

龍が如く 極」から一年後の設定になっており、神室町と大阪を舞台に物語が展開していきます。

東西の極道組織の全面戦争や2人の東西の龍の死闘が描かれており、重厚な極道ドラマを楽しめます。

龍が如く極2

さらに本作では、海外マフィアの介入や主人公桐生一馬とヒロイン狭山薫の恋愛といった、前作以上の壮大なスケールの物語となっています。

魅力的で個性的なキャラクター達予想を裏切るストーリー構成などは、一本の映画を観ているぐらい引き込まれていきます。

リン
リン
ストーリーは「龍が如く 極」からの続きですが、あらすじムービーが用意されているため本作からでも問題なく遊べます!

そして、オリジナル版にはなかった真島吾朗の新シナリオが追加されています。

龍が如く極2

龍が如く2の前日譚でありながら龍が如く0の後日譚でもあるというストーリーになっています。

「龍が如く0」で綺麗に終わったシナリオの蛇足になるのではと不安でしたが、杞憂で終わるぐらい素晴らしいシナリオでした。

各街中に出現する強敵と戦ったり各プレイスポットが真島で遊べ、「0」に登場したヒロインが登場したりとファンには嬉しい内容です。

リン
リン
「0」のエンディングの半分ネタバレみたいな感じもあるので、ネタバレを避けたい場合「龍が如く0」を先にプレイすることをおすすめします。

・シリーズ屈指の壮大なスケールとなっている物語。

・オリジナル版とのキャストの変更(舘ひろし氏→白竜氏、菅田俊氏→木下ほうか氏、赤井英和氏→木村祐一氏)。

・真島編ストーリーが追加収録。

改善されたバトルシステム

バトルシステムは基本こそ龍が如く6と同じですが、様々な改善や追加がなされています。

改善・追加要素

・「懐武器システム」敵から奪った武器をアイテムとして保持できる。

・3つまで装備できる防具の組み合わせにより特殊スキルが発動する。

・ヒートアクションの多数追加により、シリーズ屈指の量に。

・ボス戦でのスロー演出や専用ヒートが追加。

リン
リン
様々なヒートアクションが増えたことにより、非常にテンポよく戦うことが出来るようになり戦闘が楽しかったです!

楽しいプレイスポットの数々

龍が如くシリーズではお馴染みのプレイスポットですが、新しい物から過去作品で好評だった物まで用意されています。

オリジナル版にない追加ミニゲーム

・水商売アイランド。

・クランクリエイター。

・グラビア撮影スタジオ。

・バーチャロン。

・トイレッツ。

・カラオケ。

・ダーツ。

その中でも特に面白かったのが「龍が如く0」で大好評だった、キャバクラ経営コンテンツ「水商売アイランド」です。

龍が如く極2

プレイヤーはキャバクラの支配人になって、お客の好みやお客の種類(大富豪・貧乏人等)に合わせてキャバ嬢を接客させます。

そして、キャバ嬢の体調管理や接客のサポートも行いお店の売り上げを伸ばしていきます。

一見複雑そうに見えますが、ゲームバランスが絶妙でやることがシンプルなため、なぜかハマります。

リン
リン
「0」を遊んでいるとニヤリとする場面も多く、「0」でキャバ嬢としで登場したユキと真島の再会は必見です!

・新作や過去作で好評のプレイスポットが追加。

・龍が如く0ネタが豊富。

賛否両論なところ

・キャスト・声優の変更

別所勉・高島遼・倉橋渉」がそれぞれ赤井英和さんから木村祐一さん、舘ひろしさんから白竜さん、菅田俊さんから木下ほうかさんにキャストが変更されています。

そして、狭山薫のCVが女優の大輝ゆうさんから声優の久川綾さんに変更されています。

オリジナル版をやっていた方には、キャラ的に前の声のが合っていたと感じる人もいるかと思います。

リン
リン
個人的に演技力のあるベテラン声優の久川さんの狭山薫も素敵だと思いました!

・プレイスポットの強制

プレイスポットの水商売アイランド・クランクリエイターは、強引に本編のストーリーと絡んできます。

最初の1回だけはクリアしないとストーリーを進めることができないので、興味がない方には苦痛に感じるかもしれません。

リン
リン
誘導によって、やってみたら面白かったとおもうこともあると思うので、一概にダメな要素とは言いにくいですね。

最後にまとめ

本編ストーリーこそオリジナルと変わらないものの、グラフィックの強化だけではなくシステムが現代的になった作品です。

些細な不満点はあれど、シリーズ屈指の人気はゆるがずにこれこそ龍が如くと感じる仕上がりになってました。

オリジナル版をやり込んだ人にとっては物足りなく感じるかもしれませんが、未プレイの方はすごく楽しめること間違い無しです。

「龍が如く0」や「龍が如く 極」を遊んでいるとより面白い作品ですが、初めてやる人でも問題なく遊べますので、

リン
リン
興味をもたれた方は、是非遊んでみてはいかがでしょうか!