ゲーム

ルルアのアトリエ【感想・レビュー】アトリエシリーズの正統進化!

リン
リン
こんばんは、ゲーム大好きリンです。

今回は、2019年3月20発売の『ルルアのアトリエ ~アーランドの錬金術士4~』の感想・レビューについてです。

メルルのアトリエから約8年ぶりの「アーランドシリーズ」最新作となります。

ロロナのアトリエから始まり、アーランドシリーズは全てプレイ済みでの感想となっております。

こんな方にオススメのゲーム

・アーランドシリーズが好き。

・アイテム調合が好き。

・可愛いキャラクターが好き。

・コマンドバトルの戦闘が好き。

ルルアのアトリエ ~アーランドの錬金術士4~

ジャンル RPG
プレイ人数 1人
対応機種 PlayStation 4・Nintendo Switch
メーカー コーエーテクモゲームス

『ルルアのアトリエ』はメルルに続く、アーランドシリーズ4作目となっており新たな物語が描かれております。

本作はロロナの娘が主人公となり、懐かしい世界を舞台に歴代キャラクターたちも登場します。

キャラクターデザインは、お馴染みの岸田メル氏となっており可愛い・かっこいいキャラクターたちばかりです。

アトリエシリーズならではのゲームシステムも健在で、調合・探索・戦闘といったさまざまな要素が洗練されています。

リン
リン
特に、本作より追加された「アルケミリドル」というシステムが、さらにゲームを面白くしていました!

新感覚のアルケミリドルシステム!

本作では、謎の古文書「アルケミリドル」を穴埋め問題形式で解読していくことでストーリーが進んでいきます。

調合・探索・戦闘といったいろいろな行動を通して少しずつページを解読し、新たな採取地やレシピを解放していきます。

解読のキーワードにもきちんとヒントが出されており、ほどよいテンポで物語を進めていくことができるのも良かったです。

さらに、これまでは探索・戦闘でアイテムを集めて調合して終わりでしたが、さらに本が少しずつ完成していくこれまでにない面白さがありました。

リン
リン
作業になりがちだった採取や調合も、本のページを埋めたい欲からモチベーションが下がらず飽きにくかったです!

そしてアルケミリドルには、物語を進めるメインページと任意で解読していくサブページが用意されています。

サブページは、やりこみ要素として解読すると「アイテムのレシピ・戦闘のスキル」などを得ることができます。

メインストーリーをどんどん進めていくか、寄り道でサブページを埋めていくか、自分のプレイスタイルに合わせてゲームを楽しむことができます。

リン
リン
解読していくことでどんなご褒美がもらえるのかワクワクして、ついついサブページを時間を忘れて解読していました!

・ゲームの作業感を薄めてくれる「アルケミリドル」

・プレイスタイルに合わせた遊び方で楽しめる。

試行錯誤を楽しめる調合!

本作の調合は、基本的にアーランドのシステムを採用しています。

「品質・特性」などお馴染みの要素から、「属性値・ブーストアイテム・覚醒効果」等といった新要素が追加されています。

過去の作品では属性要素がなく単純に上位の材料を使えばよかったが、属性値が追加されたこで材料選びがより重要性に。

そしてブーストアイテムは、調合中に一度だけ投入できる特別なアイテムで属性値や品質を大きく変化させます。

属性値による材料を組み合わせやブーストアイテムの活用で、試行錯誤できる幅が広がり調合好きにはたまらないシステムになってます。

リン
リン
多数の新要素が追加されているが、わかりやすくシンプルな操作で調合できるので良かったです!

・プレイヤーの試行錯誤の自由度を高めた新たな調合システム。

戦略性が増したバトルシステム!

本作のバトルシステムは、前衛3人・後衛2人というシステムになり、後衛は前衛の行動に応じて自動でアシストキルを狙ってくれます。

そして新要素の「インタラプト・プライマルアーツ」の追加により、更なる進化を遂げたバトルシステムに。

・インタラプト

錬金術士のみが使えるコマンドで、インタラプト用に装備したアイテムを好きなタイミングで使うことができます。

錬金術士によっては様々なインタラプトの追加効果が発生し、複数の錬金術士をパーティーに入れれば連続でインタラプトが発動できます。

リン
リン
攻撃系でも回復系でも好きなアイテムをセットでき、工夫したプレイで勝つことができた時はとても楽しいです!

・プライマルアーツ

前衛のキャラクターの組み合わせ次第で、様々な陣形効果を発動させることができます。

ダメージ軽減・アイテム効果アップ・待機時間短縮」など、さまざまな効果が用意されています。

リン
リン
バトルを有利に進めるために、編成を考える楽しさがあって良かったです!

そして、キャラクターそれぞれには個性豊かなスキルが用意されており戦闘を盛り上げてくれます。

スキルを使うことでアルケミリドルのページを解読することがあるので、様々なスキルを使っていくことができます。

リン
リン
「アトリエ」シリーズお馴染みの迫力ある必殺技も健在なので、ぜひ各キャラクターの必殺技は必見です。

・新要素を追加し、戦略性がアップしたバトルシステム。

キャラクターが可愛い!

キャラクターデザインはアーランドシリーズでお馴染みの岸田メル氏が担当しています。

可愛い女の子ばかりではなく、かっこいい男の子も登場するので男女共にお気に入りのキャラクターが見つかるんじゃないでしょうか。

そして、シリーズファンにはたまらない成長した歴代キャラクターたちも登場し、BGMや世界観が合わさり懐かしさを感じました。

リン
リン
イベントシーンでは2Dから3Dとなり、いろんなアングルからキャラクター同士の会話が繰り広げられます!

賛否両論なところ

・期限の廃止

アトリエシリーズではお馴染みの期限のシステムがないため、制限時間はあってもよかったのかなと思いました。

期限内でいかに上手く進めていけるか考えるのも好きだったので、期限制だった方が良いという人もいるのではないでしょか。

リン
リン
イベント回収を行いながら、じっくりと進めることができるというメリットもあるので良くも悪くもあるといった感じでした。

・作業感が拭えない

いつものアーランドシリーズといえばそうなのですが、とくに初めてシリーズを遊ぶ方には採集から調合の流れが作業に感じてしまう。

新システム等ありますが、完全に作業感を無くせている訳ではないのでめんどくさくなると感じる人も。

リン
リン
シリーズ経験者ならいつものアトリエで楽しむことができると思います!

最後にまとめ

アーランドシリーズの続編ということもあって雰囲気やシステムを懐かしみつつ、成長したキャラの変化を感じれるファンには嬉しい作品でした。

ルルアのアトリエからはじめても楽しめるとは思いますが、過去作を遊んでいると歴代キャラクター達の交流をさらに楽しめるかなと感じました。

システムの単調さやシリーズファン向けということで、誰しもが楽しめるゲームというわけではありません

リン
リン
キャラクターデザイン・調合システムに惹かれた人は遊んでみてはいかがでしょうか!
created by Rinker
¥7,293
(2020/06/06 03:45:33時点 楽天市場調べ-詳細)