ゲーム

サマーレッスン【感想・レビュー】コミュニケーションを楽しむVR

こんばんは、VRゲーム大好きリンです。

今回は、2016年10月13日に配信されたPSVR「サマーレッスン」の感想・レビューについてです。

PSVRと同時発売のタイトルで、そのなかでもかなり良くできたVRゲームとなっています。

こんな方にオススメ
  • 可愛い女の子を観察したい人。
  • 周回プレイが好きな人。
  • VR体験をしたい人。
リン
リン
PSVRのローチンソフトの中でも、印象に残ってる一つです!

サマーレッスン

ジャンル コミュニケーション
プレイ人数 1人
対応機種 PS4・PSVR
メーカー バンダイナムコエンターテインメント

サマーレッスンは「女の子と一緒にいる」をテーマに、VRキャラクターとのコミュニケーションを楽しむことができるタイトルです。

PSVRの技術を活かして360°全方向の体験ができ、目の前にいるとしか思えないほどの感覚を味わうことができます。

個性豊かなVRヒロイン3人が用意されており、それぞれ違った体験を味わうことができます。

3種類の基本パックをまとめた「サマーレッスン:ひかり・アリソン・ちさと 3 in 1 基本ゲームパック」を買うことで全て体験できます。

また、DL専売で各キャラごとのパックが発売されております。

リン
リン
今回は3人のうち「宮本ひかり」中心の感想・レビューです。

【目の前に女子高生がいるみたい】

サマーレッスン

本作の物語は、女子高生「宮本ひかり」の家庭教師となり、短期レッスンを受け持つところから始まります。

一週間という期間の中で彼女とコミュニケーションを図りながら成績向上を目指していくことになります。

最初にPSVRを装着して、部屋を見渡し女の子が目の前に来たときは、本当にそこにいる感じを味わえます

プレイヤーは360°自由に部屋の中を眺める事ができます。そして顔を前に倒すと少女に近づくことができます。

リン
リン
プレイヤーが初めて顔を合わせるシーンがあるのですが、ゲームの中だと分かっていても、あまりのリアルな感じにすごく驚かされました。

遊んでみて思ったのが、彼女の「目」はかなりリアルに作りこまれています。

プレイヤーの目線に合わせて目が動くようになっていて、それが「見られている感じ」がしてより実在している感じがしました。

そしてヒロインのグラフィックですが、実写じゃなく、アニメの様な感じでもないのがさらに没入感を増してました。

実写だと周りの部屋と浮いてしまって違和感があるだろうし、アニメだとリアリティに欠けてしまうと思うからです。

その他にもリアルだと錯覚することが多々あり、恋人気分に浸れます。

リアルな彼女みたいなところ
  • 服に埃が付いているから取ってくれる
  • 目を見て話さないと怒られる。
  • ケーキを食べさしてくれる。
  • 彼女のスマートフォンの画像をみせてくる。
リン
リン
可愛い女子高生と恋愛をしてる気分を味わえちゃいます!!

・女の子が目の前に実在している感覚を味わえる。

・擬似的な恋愛を楽しめる。

【周回したくなるゲーム】

「サマーレッスン」はマルチエンディングとなっており、彼女の成績によってエンディングが変化していきます。

サマーレッスン

繰り返し遊ぶたびに、教えられる科目の数が増えて、それに伴ってパラメーターの伸び代も変化してしていきます。

パラメーターはレッスン内容や勉強の合間にする雑談によって数値が変化します。

科目は繰り返すほどレベルが上がるので、周回するたびにパラメーターが上げやすくなってます。

その他にも周回すると新しい要素が解放されます。

  • 彼女の新しいリアクション追加
  • 新しいコスチュームが追加
サマーレッスン
リン
リン
いろんなコスチュームが目白押しです!!

VRの周回プレイと聞くと、大変というイメージがあると思います。

ですが1週のプレイ時間が短めなので、VR酔いしにくくて苦にならないと思います。

・周回するたびに追加要素があり、楽しく周回できる。

・1週が短く、周回しやすく酔いにくい。

【各ヒロインの特徴】

・宮本ひかり (CVは田畑なつみ) 

元気で明るく人懐っこい、いまどきの女子高生です。

「女子高生」という設定がされているが、現在何歳なのか、何の部活をしているのかは明らかになっていない。

・アリソン・スノウ (CVは阿部里果・歌Vo.は Jenny Shima)

アメリカ出身の金髪少女で、アメリカで大人気のシンガーソングライター。

さまざまな曲を情熱的に歌いこなすが、プライベートでは気が優しく物静かな性格です。

・新城ちさと (CVは畑中万理江)

大きなお屋敷に住んでいるお嬢様で、頭が良いのだが少し捻くれた性格をしている。

自宅学習のため、学校に通って年頃の女の子らしく、友達を作りたいと思っている。

賛否両論なところ

ボリュームが少ない

ゆっくり遊んでも、ゲーム全体は30分ぐらいで終わってしまう

周回前提といっても、3週~4週ぐらいでほとんど見れるので、価格的にもう少しボリュームがほしい。

リン
リン
VRの没入感の体験としては申し分ないです。

最後にまとめ

『サマーレッスン』はローチンタイトルにしては、思ってた以上の感動と衝撃を与えてくれる作品となってます。

これだけでもPSVRを買って良かったと思わせてくれるゲームでした。

ですが、一つのゲームとして見ると物足りないと感じるので、あくまでもVRを体験する為のソフトとして見てます。

なので、初めてVRを体験する人にはオススメできます。

リン
リン
興味があれば、VR初体験のお供にいかがでしょうか!