ゲーム

ASTRO BOT:RESCUE MISSION【感想・レビュー】PSVRのキラータイトル!!

こんにちは、VRゲームが大好きリンです。

今回は、2018年10月に発売された『ASTRO BOT:RESCUE MISSION』の感想・レビューについてです。

発売当初からかなりの好評価で気になっていたので、友人宅にて遊ばせてもらいました!

こんな方にオススメ
  • VRゲームが好きな人
  • マリオ系のアクションゲームが好きな方
  • 初めてVRゲームを遊ぼうと思ってる方
リン
リン
最初はあまり期待してませんでしたが、遊んでみて万人にオススメできる素晴らしい作品でした!

ASTRO BOT:RESCUE MISSION

ジャンル アクション(VRプラットフォーマー)
プレイ人数 1人
対応機種 PlayStation 4(PS VR 必須)
メーカー ソニー・インタラクティブエンタテインメント

ASTRO BOTは、PSVRならではの機能を活かした360度全方向で楽しめるVRアクションとなっています。

ステージ制アクションゲームの構成で、5つの惑星を舞台に様々なステージが用意されています。

プレイヤーの相棒である「ASTRO(アストロ)」を操作して、各ステージで迷子になった「BOT(ボット)」を救出しながらステージクリアを目指していきます。

リン
リン
3DアクションとVR技術が融合した、これまでにない新感覚ゲームとなってます!!

【これまでにないVRを活かした操作】

基本的にステージは一本道で、360°周囲を見回すことで、仲間を探しつつゴールを目指していきます。

このゲームの最大の特徴は、プレイヤーの視点がVRならではの視点で遊べるということです。

『ASTRO BOT』は通常のゲームと違い、カメラが固定でキャラクターの後ろを追うだけではありません。

プレイヤーが360°見たい方向を、キャラクター関係なく見ることが可能になってます。

例えば、

・アストロを右に移動させても、顔を左に向ければ左側を見れます。

・アストロが壁を登るとき、下から見上げる感じになったりします。

ASTRO BOT:RESCUE MISSION

こんな感じで、VRゲームは自分自身の視点からゲームをすることができます。

リン
リン
このVR独自の視点を使った、ギミックがまた素晴らしいのです!

場所によっては、自分の体を動かして覗き込まないと発見できないものがあります。

下の写真だと、何も見えてないのですが、

ASTRO BOT:RESCUE MISSION

覗き込むことによって、下の写真のように、カメレオンを見つけることが出来ました。

ASTRO BOT:RESCUE MISSION覗き込んだり、振り向いたりすることで、死角にあった隠し要素が目に入り「発見することの喜び」が味わえます。

この他にも、ギミック要素があります。

それは、敵によってキャラクターではなく、プレイヤーに向けて攻撃をしてくることがあります。

攻撃を食らうと、画面にペンキをかけられたりヒビが入ったりして見にくくなります。

飛ばされたペンキを頭を振って避けたり、サッカーボールをヘッディングしたりと、頭を使ったアクションがいろいろあります。

ASTRO BOT:RESCUE MISSION
リン
リン
文字での説明では、わかりにくいかもしれません。是非遊んでみてこの感覚を体験してほしい!

・VRゲームだからこそできる、新鮮なプレイヤー視点。

・VR独特の視点を活かした、様々なギミック。

【コントローラーを使った直感的な遊び】

コントローラーが可視化されていて、ステージによってはガジェットとして使用することになります。

例えば、コントローラーからワイヤーフックを使って、壁にフックをかけて道を作ってあげたりすることができます。

ASTRO BOT

その他にも、手裏剣水鉄砲など様々なガジェットを直感的に遊ぶことが出来ます。

ガジェットを使うことで、バリエーションの豊富な遊び方が出来るので楽しいです。

リン
リン
キャラクターの「アストロ」と協力して遊んでる気分になってきます!!

・コントローラを使った様々なガジェットがある。

・VR空間ならではの直感的な遊び方ができる。

【ボリュームがあるやりこみ要素】

ASTRO BOTは、ステージをクリアするだけならそこまで長くはありません。

ですが、各ステージに収集アイテムなどがあり、全て集めようと思うと一週だけでは難しいです。

・全部で200以上のBOTが潜んでいるのを見つける。

・各ステージにいるカメレオンと呼ばれるキャラクターを発見する。

・ステージにあるコインの収集。

以上の探索要素があって、VRゲームにしてはボリュームがあります

その他にも、

・チャレンジステージ

各ステージにいるカメレオンを発見することで、アンロックされます。

チャレンジステージには、タイムアタックや、敵を倒してスコアを競ったりすることができます。

リン
リン
コントローラーのガジェットを使った、ステージもあり楽しい!!

・UFOキャッチャー

ステージで集めたコインは、UFOキャッチャーに使うことが出来ます。

入手出来る景品は、ジオラマとして部屋の中に飾ることができます。

ASTRO BOT
リン
リン
アストロを操作して追加されたジオラマに触れることができます!

・高難易度のチャレンジステージ搭載や収集アイテムなど、やりこみ要素豊富。

賛否両論なところ

広い空間が必要

VRを最大限遊ぶには、ある程度のスペースが必要となってきます。

頭を振るアクションがあるため、壁や物にぶつかってしまうことがあるかもしれません。

リン
リン
高価な物だけに、ぶつけて壊してしまうのは避けたいですよね!

長時間のプレイができない

VR酔いするというのもありますが、頭を使ったアクションやいろんな方向に首を振ってると疲れてしまいます。

リン
リン
各ステージ短めなので、キリのいいところで止めやすいのはよかったです!

最後にまとめ

ASTRO BOTは、VRという利点をこの上なく活かしていて、アイテムの配置やギミックなどが良く考えられていました。

これまでホラーやFPSの作品ばかりでしたが、ついにVRのアクションゲームの可能性を感じました。

ホラーやFPSと違い、誰にでもオススメできるという点もあり、取り敢えずPSVR買ったなら、この1本。というソフトです。

リン
リン
興味をもたれた方は、ぜひテーマパークの様な体験を味わってみて下さい!