ゲーム

Farpoint【感想・レビュー】一体感のある体感FPS!

こんにちは、VRゲーム大好きリンです。

今回は、2017年6月22日発売に発売されたPSVR専用ソフト『Farpoint』の感想・レビューについて書いていきたいと思います。

2017年に発売されたプレイステーションVR用のゲームの中でも完成度が非常に高い作品だと思います。

こんな方にオススメ
  • VRゲームが好きな方
  • FPSが好きな方
リン
リン
PSVRを持っている方には是非遊んでもらいたい作品となっています!

Farpoint

Farpoint
ジャンル シューティング
プレイ人数 1人(オンライン:1~2人)
対応機種 PS4 VR専用タイトル
発売元 ソニー・インタラクティブエンタテインメント

Farpointは、「プレイステーションVR」が実現するリアル体感型シューティングとなっています。

プレイヤーは、未知の惑星に降り立った主人公になって、襲い掛かってくる敵を倒していきます。

VRを用いる事で、ゲームの世界に入り込んだかのような体験をすることができ、白熱した戦いを楽しめるようになってます。

コントローラーでもプレイ可能ですが、「PlayStation VR シューティングコントローラー」を使用することで更なる没入感が。

リン
リン
VRとFPSの相性はやっぱりいいなと改めて思いました!

【没入感がすごい!】

Farpoint

プレイステーションVR専用のFPSは、没入感がやっぱりすごいですね。未知の惑星を自分が歩いているかのようです。

オープンワールドかと思うほど広大なフィールドが広がっていて、足場が狭い崖では落下の恐怖を感じ、火山が噴火すれば思わず見入ってしまいます。

移動して景色を見てるだけでも凄いのですが、敵に襲い掛かられたときの迫力はすさまじいです。

特に巨大ボスと遭遇した時は、ゲームだと分かっていても体が反応しちゃうんです!

リン
リン
敵を倒した時の破裂の仕方や残骸がリアリティがあって見物です!

更なる没入感を生み出すのが「シューティングコントローラー」の存在です。

手に持ったシューティングコントローラーの動きが、ゲーム内の銃に反映される為、一体感が増します。

さらにトリガーを引いて銃を撃つので、本当に撃っている感覚を得ることができます。

リン
リン
実際にスコープを覗く動作をすると、スコープが覗けちゃうんです!
Farpoint

モーションセンサーで操作する事が可能なので、コントローラーでのエイムが苦手な人でも楽しめると思います。

【キャンペーン以外のモード】

・COOPモード

Farpointは、シングルプレイのキャンペーンとは別に、オンラインで協力プレイをすることができます。

キャンペーンとは別のステージとなっており、戦闘に特化されたステージ構成となっており、全部で6つのステージがあります。

難易度は「イージー」「ノーマル」「ハード」「カオス」の4種類が用意されており、自分に合った難易度で挑戦できます。

友達と実際に遊んでみましたが、めちゃくちゃ楽しいです!

相手が本当に目の前にいる感じがして、お互い撃ちあったりして遊んでました。フレンドリーファイアが有効なので倒せちゃいます!

・チャレンジモード

ソロプレイ専用のモードなっており、ゲートを通過して残り時間を回復させつつゴールを目指す。

敵を倒すと得られるポイントでスコアアタックを目指すモードです。

自分のスコアでフレンドや全世界のユーザーと競うこともできます。

このチャレンジモードですが、なかなかに難しかったです。

高得点を目指そうと多くの敵を倒していると時間切れに、逆に時間を気にするあまり敵を全然倒せてない等、けっこうシビアな難易度です。

プレイヤーの腕が問われるので、やりこみたい人にはうってつけのモードですね。

COOPモードは友達とワイワイ楽しめ、チャレンジでは一人でやり込める。それぞれの目的に合ったモードが充実してます。

その他にも、アップデートで追加されたものがあり、「ヴェルサスモード」追加されています。

ヴェルサスモードでは、プレイヤー同士の1体1のオンライン対戦が楽しめます。

  • 「デスマッチ」・・・目的のポイント数を目指して、相手プレイヤーとサポートAIの敵を倒してポイントを獲得していくルール。
  • 「アップリンク」・・・デスマッチのルールに加え、マップ上にあるアップリンク装置を確保することでもポイントを獲得できるルール。

【VR酔いについて】

Farpointは、人それぞれ個人差はありますが酔いにくいVRゲームとなってます。

酔い対策に様々なオプションが用意されていて、自分にあった設定にすることで、少しでも負担を少なくできます。

酔いに関しては本当に人それぞれだと思いますので一度プレイしてみてください。

リン
リン
立ってプレイすると酔いがマシになると思います!

賛否両論なところ

ストーリーのボリューム不足

本作のストーリーは、6時間程度でクリア可能となっており物足りない感じがします。

出てくる敵や武器の種類が、バリエーションに乏しいです。

ガンシューティングが重点に置かれているからなのか、ストーリーにメリハリがなく単調でただひたすら、敵を倒していく感じになっています。

リン
リン
う少し演出や、探索・謎解き要素なんかがあれば楽しかったと思います。

コストがかかる

VRゲーム全般に言えることですが、Farpointから初めてVRゲームをしようと思うと、必要なものが多くお金がかかってしまいます。

PS4とソフト以外に「PSVR」「シューティングコントローラー」といった周辺機器が必要になってきます。

お値段も高価な物もあるので、気軽に買いにくいですね。

リン
リン
最近では、PSVRも大分値段が下がってきたみたいで、手が出しやすいかもしれませんね!

最後にまとめ

FPSゲームとしては単純ですが、なんと言っても専用コントローラーとVRによる、圧倒的没入感ですね。

PSVRを持っている人には、是非プレイして体感してほしいゲームです。

遊ぶ人には「シューティングコントローラー」の使用を強くオススメします。使うか使わないかで、ゲームの面白さが全然違ってきます。

「PSVRを買って良かった」、「ゲームもついにここまできたか」と思わせるゲームとなっています。

興味をもたれた方は、一度遊んでみてはいかがでしょうか!