ゲーム・PS4

龍が如く7 光と闇の行方【評価・レビュー】生まれ変わった新生龍が如く!

リン
リン
こんばんは、ゲーム大好きリンです。

今回は、2020年1月16日に発売された『龍が如く7 光と闇の行方』についての感想・評価についてです。

今作から急にRPGとなったことで色々と発売前から話題になっていましたが、龍が如くファンとして購入しました。

これまでの主人公であった桐生一馬の物語は完結し、新たな主人公での龍が如くは新鮮で楽しみでした!

こんな方にオススメ

ストーリーを重視される方。

・ターン制RPGが好きな方。

・ボリュームが多くやりこみたい方。

リン
リン
遊ぶ前は内容的に不安で仕方なかった龍が如く7ですが、いい意味で期待を裏切られました!

龍が如く7 光と闇の行方

ジャンル ドラマティックRPG
プレイ人数 1人
対応機種 PlayStation 4
メーカー セガ

本作は”龍が如く”シリーズのナンバリング最新作となっています。

これまでの主人公であった桐生一馬から、新たな主人公として『春日一番』の物語が描かれています。

舞台も新エリアとして『横浜・伊勢佐木異人町』となっており、神室町の3倍以上に及ぶ広さとなっています。

そして一番の目玉としてバトルシステムが、これまでのアクションからターン制の『コマンドRPGバトル』になっているということです。

リン
リン
基本的な部分は今までの龍が如くを踏襲しており、私的には違和感なく遊び始めることが出来ました!

❐龍が如くならではのコマンドバトルシステム!

これまで龍が如くといえばアクションゲームでしたが、本作よりコマンドRPGバトルとなっています。

ほとんどの人がバトルシステムの変更が一番の不安要素になってることだと思いますが、結論からいえばこの変更は個人的には良かったと思います。

ボタンを連打するだけの単純な戦闘から、RPGになったことで戦略性のある戦闘になり最後まで戦闘に飽きがこなかったです。

これまでのシーリズにあった、

◆ド派手な極技。

◆街の物を武器として扱う。

◆バトルスタイル。

上記の要素が、コマンドバトルにうまく融合していて”完成度の高いターン制RPG”に仕上がっています。

キャラクターのジョブごとに極技が用意されており、多種多彩な技があり爽快な技をバンバン出せるので爽快感も抜群

また、様々なジョブに転職する事で色んな技を覚えたりするので、育成の楽しみがあり飽きがこなくて良かったです。

そして、従来のフィールドにあるものを拾って殴るなどの要素をうまく取り込み、いかに活用できるか戦略性のあるバトルに繋がっていると実感しました。

リン
リン
なによりコマンドバトルは実際にやってみると、アクションよりも仲間と一緒に戦ってることを感じられて楽しかったです!

❐引き込まれていくストーリー!

龍が如くシリーズといえば、重厚な人間ドラマで描かれている熱いストーリーですよね。

しかし本作から主人公が変わっているので、前作の桐生一馬のような渋いカッコ良さがない主人公で不安な部分もありました。

ですが、実際にプレイしてみて「真っ直ぐで正義感の塊のような漢」「自身の信念を貫き通す熱い漢」といった魅力あるカッコいい主人公でした!

ストーリーの内容もボリュームが多く先が気になる展開に仕上がっており、先に進めるのが楽しみでした。

遊んでみるまでは、ネタ要素が強いのかとも思っていましたが、主人公の境遇やストーリー展開はシリーズ屈指のシリアスなものでした。

特に主要キャラとして登場している俳優キャストの中井貴一氏・堤真一氏・安田顕氏の演技力は必見です!

リン
リン
個人的に良かったのが、仲間達との関係性は今までになく深く掘り下げられていて、今までのシリーズにない感じを受けました!

❐多種多彩なミニゲーム!

龍が如くシリーズに欠かせないものの1つとして、様々なミニゲームが用意されていることですね。

本作でも本編そっちのけでやってしまうぐらい、クオリティの高いミニゲームが多かったです。

従来のシリーズからあるミニゲームはもちろんのこと、新作ミニゲームも楽しいものが多かった印象です。

新作ミニゲーム

「ドラゴンカート」横浜の市街地をコースにしたレースゲーム。

「名画座」襲い掛かる睡魔をボタン入力で撃退するゲーム。

「パチスロ」現役稼働中の実機も収録。

「会社経営」社長となって、人材管理・資金調達・営業活動などを行って、株価トップを目指すゲーム。

「サバイバル缶拾い」制限時間内にノルマ以上の空き缶を集めてゴールするゲーム。

その中でも特にオススメなのが、『会社経営』です!

物件を購入したり適切な人材の配置、定期的に開かれる株主総会での論戦バトルゲームを成功させて、地域の株価ランキング一位を目指していきます。

株価に応じて報酬がもらえるため、やればやるほどお金を稼ぐことができます。

リン
リン
経営シミュレーション的な感じで、はまる人は本編そっちのけで遊んでしまうこと間違いなしです!

❐作りこまれた広大なマップ!

シリーズ恒例の作りこまれたマップは健在で、新エリアとして”横浜の伊勢佐木町”をモチーフにした「横浜・伊勢佐木異人町」が舞台となってます。

龍が如く7 光と闇の行方 体験版_20200417002545

リアルの横浜の伊勢佐木町近辺に土地勘があるひとなら、リアルと比べてみる楽しさがあると思います。

山下公園から赤レンガ倉庫とかランドマークタワーが視認できたりして、再現度にびっくりしました。

広さも神室町の3倍のスケールとなっていて、それが隅々まで作りこまれているのには感動です!

リン
リン
過去作で登場した「神室町・蒼天堀」も登場し、3つのマップをフルで遊ぶことができるボリュームに!

気になったこと!

❐バトルシステム

本作から変更されたコマンドバトルシステムですが、戦略性があり戦闘パターンが豊富で良い面が多いです。

ですが、従来のアクションと比べるとゲームテンポが悪く感じてしまう部分がある。

リン
リン
龍が如くを初めてやる人は気にならないかもしれませんが、シリーズファンには顕著にかんじてしまうかもしれません。

❐広大なマップ

新エリアの横浜・伊勢佐木異人町がかなり広く、ショップや飲食店などがまばらに点在していてアクセスしにくいように感じます。

タクシーを使ってファストトラベルでの移動をしていくことが多くなりますが、タクシーに乗るたびにロードを挟むのも気になりました。

リン
リン
移動にかんして、もう少し便利な要素があればよかったなと思います。

最後にまとめ!

本作は龍が如くシリーズとして、物語がしっかりと描かれており”シリーズ初めての方・シリーズファン”どちらも楽しめる仕上がりになってると思います。

大きな変更点がいくつかある『新たな挑戦された作品』ですが、従来の要素を取り込みつつしっかり作りこまれています。

戦闘システムに関しては、好き嫌いがはっきり出てしまうのでコマンドRPGが好きな方にはオススメできる作品です。

リン
リン
アクションゲームが苦手な方でも楽しめるようになっているので、これまで敬遠されていた人はこの機会にぜひ遊んでみてはいかがでしょうか!