ゲーム

JUDGE EYES(ジャッジアイズ)【感想・レビュー】キムタク主演のドラマを見てる気分に!

リン
リン
こんばんは、ゲーム大好きリンです。

今回は、2018年12月13日に発売『JUDGE EYES(ジャッジアイズ):死神の遺言』の感想・レビューについてです。

龍が如くスタジオと木村拓哉という組み合わせで、発売前から「キムタクが如く」と言われて注目を浴び、ついに発売されました。

こんな方にオススメ

・ストーリーを重視する人。

・キムタクファン。

・サブ要素をやりこみたい人。

リン
リン
龍が如くシリーズ未プレイの方には、特にオススメできる作品です!

※ストーリーのネタバレは控えたいと思います。

JUDGE EYES(ジャッジアイズ):死神の遺言

ジャンル リーガルサスペンスアクション
プレイ人数 1人
対応機種 PlayStation 4
メーカー セガゲームス

俳優の「木村拓哉」と「龍が如くスタジオ」が、タッグを組んだリーガルサスペンスアクションゲームとなっています。

神室町を舞台に、キムタクをモデルにした主人公の「八神隆之」を操作して、次々に起こる犯罪や陰謀の謎を解いていきます。

脚本は、名作「龍が如く0 誓いの場所」を手掛けた古田剛志氏が担当しています。

そして「龍が如く」シリーズでお馴染みの、サブクエやプレイスポットなども多彩に用意されており、遊び応えがあります。

リン
リン
龍が如く0はシリーズの中でも、特にストーリーが評価されている作品なので、同じ方が担当すると聞いて楽しみにしてました!

キムタク主演のドラマ

龍が如くスタジオといえば濃密なストーリーですよね。龍が如くのストーリーも何度心が揺さぶられたことか・・・

今作「JUDGE EYES(ジャッジアイズ)」は、リーガルサスペンスアクションとなってます。

まず、主人公を演じているのが「木村拓哉」ということで、キムタク主演のドラマを見ている気分になります。

その他にも有名な俳優さんを起用されています。

  • 谷原 章介
  • ピエール 瀧
  • 滝藤 賢一
  • 中尾 彬
リン
リン
有名な俳優陣たちの演技力とシナリオがあわさって、物語に引き込まれてしまいます!

物語の内容は、両目をえぐり取られる連続猟奇殺人事件を追っていくサスペンスストーリーとなってます。

ジャッジアイズ

序盤をプレイしていて盛り上がる所が少なく感じられたが、こんな感じが続くのかなと思うと不安でしたが杞憂に終わりました。

中盤以降から物語が一気に加速し、次々に起こる犯罪や陰謀の謎に近づいていき、一気に物語りに引き込まれます。

そして、章仕立てのストーリーになっており、章の終わりには続きが気になるような展開で終わってしまいます。

ついつい続きが気になって「あと一章だけ、あと一章だけ」と続けて遊びたくなってしまうんです。

リン
リン
序盤から散りばめられた謎と伏線を、どんどん回収していくのでやめ時を見失うぐらい、のめり込んで遊んでました!

本作の事件には龍が如くでもお馴染み『東城会』も関係しているので、龍が如くファンにとっては嬉しいですね!

・キムタク主演のドラマを見ている気分で遊べる。

・中盤以降の展開は、やめ時を見失うほど面白く続きが気になる。

JUDGE EYESならではの要素

本作の主人公が探偵ということで、探偵ならではの様々な新システムがありました。

サーチモード

一人称視点で、怪しい場所・物・人物にターゲットして、様々な手がかりを探します。

現場や資料を注視して証拠を探すのは新鮮でよかったです!

・尾行

ターゲットに気づかれないように尾行をします。振り返ったりしてくることがあるので「カバーアクション」を使い隠れてやり過ごします。

新システムのなかで唯一不満がある要素でした(理由は後ほど)

・証拠提示

調査により手に入れた数々の証拠の中から、適切なものを選択し真実を聞き出します。

「逆転裁判」みたいで、個人的には好きでした!

ジャッジアイズ

・鍵開け

建物に潜入する時に「ピッキング・サムターン回し・暗証コード解除」など、多彩な鍵開けが用意されています。

ジャッジアイズ

・変装

警備員や業者などに成りすまして、周囲の目をごまかしたり建物に潜入したりします。

キムタクがいろいろな衣装に変装するのは、見ていて面白かったです!

ジャッジアイズ

主人公が元弁護士の探偵ならではの新システムには、プレイヤー自らが調査している感じがして楽しかったです。

シチュエーションを楽しむ」といった感じではよかったですが、賛否が分かれそうなシステムとも感じました。(※理由は賛否両論のところで)

リン
リン
主人公の職業を活かした新システムは、龍が如くとうまく差別化できているなと感じました!

・JUDGE EYESならではの、新鮮味あふれる新システム。

・シチュエーションを楽しむ分には良いが、賛否が分かれる結果に。

充実したサブ要素

龍が如くでお馴染みの充実したサブ要素は、JUDGE EYESでも健在です。

ジャッジアイズ

まず、メインストーリー以外にサブクエストもたくさん用意されています。

シリアスな展開で進んでいくメインストーリーと比べて、サブクエはギャグ要素が強めでした。

リン
リン
変態三銃士を捕まえたり、カツラを追いかけたりなど、笑える面白いイベントが多彩でした!

そして、神室町を遊びつくせるプレイスポットもたくさんあります。

プレイスポット
  • バッティングセンター。
  • ドローンレース。
  • 麻雀
  • 将棋
  • ゲームセンター(ぷよぷよ・KAMURO OF THE DEAD等)
  • VRすごろく

個人的にオススメなのが「KAMURO OF THE DEAD」です。

襲い掛かってくるゾンビを倒していく、本格ガンシューティングを楽しむことができ、ガンコンでやりたくなるほど楽しいです!!

その他にも面白いプレイスポットがたくさんあり、それぞれにチャレンジ項目があるのでやりこみ要素も充実してます。

ジャッジアイズ
リン
リン
JUDGE EYES一本で、いろんなゲームを楽しむことができるので得した気分に!!

・面白い個性的なサブクエストの数々。

・多彩なプレイスポットが充実。

賛否両論なところ

・舞台が神室町

龍が如くでお馴染みの神室町ですが、龍が如くシリーズを遊んでいる方にとっては目新しさにかけるかなと感じました。

新たなシリーズということで、新たな舞台で遊びたかったと言う声も多いですね。

リン
リン
舞台が神室町ならば、龍が如くシリーズからゲストキャラが出てきてくれたら嬉しかったですね!

・尾行ミッション

メインストーリー・サブクエストでかなりの頻度で尾行ミッションがあります

主人公が探偵なのでミッションがあること自体には不満はないですが、何回もやらされるとさすがに飽きてきます。

リン
リン
一回の尾行で時間がかかる時もあったので、ストーリーのいいテンポを損ねてるような気がしました。

・戦闘に関すること

龍が如くと比べると、戦闘での武器の種類が少なくなったと感じました。

ジャッジアイズ

ヤクザじゃなく探偵なので、銃や刃物を振り回すのはおかしいとは思いますが、個人的にはあったら嬉しかったですね。

そして、致命傷システムがめんどうだと思いました。敵から特定の攻撃を受けると、体力の最大値がどんどん削られていきます。

特定の場所やアイテムで治したりすることが可能なのですが、そこまで行くのに手間がかかったりお金がそこそこかかります。

リン
リン
戦闘が苦手な人やストーリーを気軽に楽しみたい人は、難易度を下げて挑戦をオススメします!

最後にまとめ

ゲームの主人公にキムタクってどうなんだろうと思っていましたが、良い意味で期待を裏切られた作品でした。

キムタクが主人公だからこそ、面白いと感じる場面はたくさんあり、ゲームをしない人にとっても興味を惹かれる人は多いと思います。

一番の魅力であるストーリーも、序盤のスローペースなのを除けば文句のつけようがない程に良いです。

徐々に謎が明らかになる物語の構造で、先の展開が気になりやめ時を見失うこと間違いなしです。

龍が如くシリーズの良さを残しつつも、新しい主人公・ストーリーとして良いゲームに仕上がってます。

リン
リン
ヤクザが苦手で、龍が如くを避けていた人にはぜひ一度遊んでみてはいかがでしょうか!