ゲーム

【体験版】JUDGE EYES(ジャッジアイズ):死神の遺言 感想・レビュー

こんにちは、龍が如くが大好きなリンです。

ついに、龍が如くスタジオの新作PS4用アクションアドベンチャーゲームが発表されましたね。

2018年12月13日に発売、リーガルサスペンスアクション「JUDGE EYES(ジャッジアイズ):死神の遺言」。

PSストアにて体験版が配信されたので早速あそんでみました。

リン
リン
今回は、その感想を書いていきたいと思います。

JUDGE EYES(ジャッジアイズ):死神の遺言

対応機種 PS4
ジャンル リーガルサスペンスアクション
プレイ人 1人
発売日 2018年12月13日

木村拓哉×龍が如くスタジオ

JUDGE EYES(ジャッジアイズ)

まず、一番最初にびっくりしたのが主人公のモデルです。

なんと、俳優の木村拓哉さんです。声も演じられてるので、主演のドラマを見てる気分でした。

龍が如くの時から、俳優や女優のモデルのキャラクターが出ており、誰が見てもわかるぐらいそっくりの仕上がりでした。

やはり龍が如くスタジオということで、木村拓哉さんそっくりです。

リン
リン
他にも出演される方がたくさん出てこられるのかなと思うと楽しみで仕方がありません。
現時点での出演者
  • 木村 拓哉
  • 谷原 章介
  • ピエール 瀧
  • 滝藤 賢一
  • 中尾 彬

そして舞台となるのが、龍が如くシリーズでおなじみの「神室町」です。

体験版ではほんの少ししか歩き回れませんでしたが、マップを見た感じほとんど構造が同じでした。

リン
リン
龍が如く同様に、いろんな店舗に入れて遊べるんだろうな~と思うと楽しみです!
JUDGE EYES(ジャッジアイズ)

戦闘システムに関しても、簡単にコンボが繋がる仕組みになっており爽快感があります。

周辺のオブジェクトを武器にしたり、ヒートアクションがあったりと、龍が如くらしい戦闘システムとなってますね。

期待のストーリー

JUDGE EYES(ジャッジアイズ)

龍が如くスタジオといえば濃密なストーリーですよね。龍が如くのストーリーも何度心が揺さぶられたことか・・・

今作JUDGE EYES(ジャッジアイズ)は、サスペンスストーリーとなってます。

気になる主人公「八神 隆之(やがみ たかゆき)」は、元弁護士で探偵をやっているみたいです。

体験版なので、断片てきなことしかわかりませんが、猟奇的なサスペンス物みたいで続きが気になります。

有名な俳優陣たちの演技力とシナリオがあわさって、一本のドラマを観てる感じになりそうでわくわくします。

リン
リン
キムタクになってる気分でゲームができますね!

探偵アクション

本作の主人公が探偵ということで、さまざまなアクションがありました。体験版では、3つのアクションが楽しめました。

ターゲットを特定するサーチアクション

一人称視点で、人相書きと服装の特徴をヒントにターゲットを探していきます。

体験版では簡単でしたが、もっと難しくなっていくなら楽しみです。

 

尾行アクション

ターゲットを発見すると、気づかれないように尾行がはじまります。振り返ったりしてくることがあるので「カバーアクション」を使い隠れてやり過ごします。

ゲージが貯まりきる前に隠れれば大丈夫だったので、そこまで難しくないのかなと思いました。

 

チェイスアクション

名前のとおり、ターゲットを追いかけアクション中に「QTE」が発生します。

ボタンを正しく押せないと、ターゲットとの距離が離れる仕様になってます。個人的にQTEは好きなので嬉しいです。

最後に

やっぱり、龍が如くスタジオの新作は嬉しいですね。龍が如くシリーズは全て遊んでるくらい好きなので、JUDGE EYES(ジャッジアイズ)も楽しみです。

舞台が神室町だけに、龍が如くシリーズのキャラクターがゲスト出演しないかなと、少し期待してます。

心配要素があるとすれば、比較してしまいそうなことですね。龍が如くでハードルが上がってしまっているので、それを越えるぐらいの作品になることを期待して待ちたいと思います。

逆にヤクザ物が苦手で龍が如くを遊んだことがない人にも楽しめそうだと思います。

サスペンスストーリー、主人公がキムタクということで、幅広い層にうけそうだと感じました。

リン
リン
無料で体験版ができるので、興味をもってもらえたら、一度遊んでみてはいかがでしょうか!