ゲーム

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて【感想・レビュー】シリーズ屈指の面白さ!

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

こんにちは、FFもドラクエも大好きなリンです。

今回は2017年7月29日に発売された『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』の感想・レビューを書いていきたいと思います。

私は8までプレイしていましたが、それ以降のドラクエはオンラインゲーム等というのもあって、遊んでいませんでした。

ですが、PS4で発売されるということで新しいドラクエの世界観を、キレイなグラフィックで遊んでみたいと思ったのが購入のきっかけでした。

購入した結果、はまり過ぎてほかのゲームが手につかなかったのを覚えてます。

こんな方にオススメ
  • ドラクエシリーズが好き。
  • 王道のストーリーが好き。
  • コマンドバトルが好き。
リン
リン
本作はドラクエシリーズ最高傑作の部類に入るぐらい面白いです!!

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

ジャンル RPG
プレイ人数 1人
対応機種 PS4・3DS
対応年齢 CERO A「全年齢対象」
発売元 スクウェア・エニックス

本作は『ドラゴンクエストシリーズ』ナンバリング第11作目。

シリーズの原点に立ち返り「勇者」の冒険を描いた物語です。PlayStation (R) 4、ニンテンドー3DSの2つのプラットフォームで展開される。

“懐かしさ”と“新しさ”を兼ね備えた、シリーズの「新たなる原点」となる11番目の冒険、『ドラゴンクエストXI』が、今ここに始まる。※アマゾンより引用

【王道を極めたシナリオ】

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

ドラクエ11がシリーズ最高傑作と多くの人から支持される一番の理由はストーリーです。

本作は、序盤から張られた伏線をしっかり回収し、「勇者」を主軸として描かれたストーリーとなってます。

ネタバレになってしまうのであまり言えませんが、「主人公が仲間たちと出会い、魔族との戦いになり世界の真実が明らかになっていく」と言う王道な展開です。

大作RPGらしい壮大さを持ち合わせていて大まかな目的がしっかりしており、わかりやすい秀逸なストーリーでした。

今回のストーリーでさらによかった点として、過去作のオマージュが満載だと言うことです。

世界の設定や「ドラクエ」の歴史とガッツリ結びついているので、シリーズをプレイしてきた人であればあるほど驚きや感動は大きいでしょう。

リン
リン
さらにクリア後にはとんでもない大きな出来事が起こるので注目ですよ!!

【個性豊かなキャラクターたち】

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

今作のキャラクターはとても魅力的な人物が揃っています。

可愛い人気の姉妹・騎士道精神あふれるオネエキャラ・お色気担当の女武道家・頼りになる相棒など、様々なキャラクターが登場します。

どのキャラクターも好感が持て、それぞれに見せ場があるので愛着が湧きます。

「仲間と絆が深まっていく」「仲間の歩んできた人生が徐々に明らかになっていく」「仲間の問題を皆で解決していく」といった感じで、それぞれのキャラを掘り下げてくれるので感情移入しやすかったです。

キャラクターの見た目が特定の防具で変わるので、いろんな装備を着させて遊ぶのも楽しかったですね。

イベントシーンにも反映されるので、気をつけて下さい!ネタ装備でせっかくの雰囲気が残念なことに・・・

リン
リン
ちなみに私は、相棒のカミュが一番好きなキャラでした!!

【ゲームバランスが素晴らしい戦闘】

戦闘はオーソドックスなコマンドバトルで、順番が回ってきたキャラクターのコマンドを入力していく個別ターン制です。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

敵や味方の素早さを上下する呪文を使って、同じキャラに連続でターンを回せたりするので、過去作よりも戦術性が高まっています。

難易度は、難しくもなく簡単でもないので丁度良い感じでした。特にレベル上げをしなくても、編成次第でどうにかなることもあったので良いゲームバランスでした。

戦闘の難点としては、全体対象の状態異常攻撃を使うボスが多いことですね。回復アイテムやメンバー入れ替えを駆使してうまく立ち回る必要があります。

そしてドラゴンクエストXIからの新システムが追加されて、戦闘を左右する鍵となっています。

・ゾーン

戦闘中ランダムに味方の集中力が向上し、、青いオーラをまとって能力が強化される。強化されるステータスはキャラごとに異なります。

ゾーン状態になれるかどうかは行動ごとに確率で決まるようですが、バトル終了後も継続するようになってます。

そして、敵もゾーンを使用してくるので気をつけなければなりません。

 

・れんけい技

ゾーン状態になった味方が2~4人で協力して放つ技で、れんけいに参加したメンバーのゾーン状態は解除されます。

単純に大ダメージを与える技から、一定時間無敵になるなど様々な技の種類があるので見物です。

リン
リン
いろんなキャラ同士のれんけいが見たくなるので、様々なPT編成で楽しめますね!!

【親切なスキルシステム】

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

『VIII』から続いてきたスキルシステムで、「スキルパネル」というシステムが搭載されています。

レベルアップ時に入手したスキルポイントを消費することで、パネルを解放して特技や呪文などを習得していけるシステムです。

キャラクターごとに異なり、さらに武器種別ごとに分かれています。バランスよく鍛えたり、一つの強力なスキルを一直線に取りに行くなど自由度が高いです。

部分的に「ひみつパネル」として隠されている部分があり、「一体どんなスキルが隠されているのだろう」と考えるとワクワクします。

リン
リン
中盤からはスキルをリセットする事ができるので、戦闘に苦戦したら振りなおしてみるのもありですね。

【探索したくなる美しさ・快適さ】

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

1つ1つのマップは非常に作りこみを感じさせられ、建築物のデザイン、モンスターの動作など非常に作りこまれています。

綺麗に立体化された映像は、ドラクエの世界への没入感を高めてくれるなと思いました。

どのフィールドもなかなかの広さになっていますが、最初の方から馬をもらえるので移動にストレスを感じることがありません。

目的やサブクエストを依頼してくるNPCは地図に表示され、ビックリマークがついている住人に話しかけると、どこに行けば良いのか教えてくれる親切設計。

本作は「シンボルエンカウント方式」なので、戦いたいときに戦え、戦いたくない時は避けられます。

リン
リン
敵を無視しているとレベル不足になるんじゃと思われるかもしれませんが、よほどのことがなければ大丈夫だとやってて感じました。

賛否両論なところ

戦闘のフリーラン

PS4版では戦闘中にターンが回ってきたキャラの立ち位置を変えられるのですが、必要性をあまり感じませんでした。

場所を変えることで、戦闘に何かしら影響があるならわかるのですが、とくに意味がないのが現状です。

リン
リン
場所の位置取りしだいで、命中・回避なんかが変わったりするとよかったですね。

街中の移動

最初の頃は、街が広くてすごい作りこみで感心してましたが、見慣れてくると広さゆえに移動に時間がかかってしまう。

フィールドでは馬などがあってよかったのですが、街中はどうしても徒歩になってしまうので、移動が億劫に…。

リン
リン
街中を細かくルーラできれば最高でした!!

最後にまとめ

期待も大きかったのですが、期待以上に楽しめた作品で、中盤辺りからの展開はシリーズ最高傑作!と思わせるぐらい良かったです。

これまで「ドラクエ」シリーズをプレイしてきた人にとっては間違いなくオススメできる作品です。

逆に「ドラクエ」シリーズを遊んでこなかった人にも、この作品を機会にドラクエにハマルのではないでしょうか。

シリーズ30周年記念に相応しい作品となってますので、ぜひ遊んでみてはいかがでしょうか!