ゲーム

Detroit Become Human【感想・レビュー】自身の選択と行動で物語の運命が決まる!

リン
リン
こんばんは、ゲーム大好きリンです。

今回は2018年5月25日発売の『Detroit Become Human』の感想・レビューについてです。

「BEYOND」「HEAVY RAIN」といった名作を手掛けてきたクアンティック・ドリームのオープンシナリオ・アドベンチャーの最新作です。

こんな方にオススメ

・SF映画好きな方。

・ストーリーを重視される方。

・マルチエンディングが好きな方。

リン
リン
ストーリーのネタバレはございません!

Detroit Become Human

ジャンル オープンシナリオ・アドベンチャー
プレイ人数 1人
対応機種 PlayStation 4
メーカー ソニー・インタラクティブエンタテインメント

本作は、質の高いアドベンチャーゲームで知られる、クアンティック・ドリームが製作しています。

2038年のアメリカ・デトロイトが舞台となっており、数多くのアンドロイドが普及され、人間の下で働いている世界です。

プレイヤー自身が3体のアンドロイドの主人公となり、それぞれを交互に操作しながら物語が展開されていきます。

物語の中でプレイヤーが選択する「決断・行動・発言」が、その場の状況を「分岐・変化」させていき、物語の展開や結末に大きく左右されます。

リン
リン
クアンティック・ドリームの過去作品の中で、一番の作りこまれてりるゲームだと思いました!

プレイヤーの選択次第で決まるシナリオ

本作の最大の魅力は「プレイヤーが選ぶ選択肢により、ストーリーが違った展開になる」です。

そしてマルチエンディングといえば分岐ですが、本作は膨大な分岐要素があります。

detroit become human

力技で解決するか?話し合いで解決するか?といった感じで、思わず迷ってしまうような選択肢が多彩で面白いです。

選択肢の結果によっては「他の主人公に影響したり、亡くなってしまう」という可能性もあるので、慎重に先の展開を考えて選ぶことになります。

主要人物が亡くなったとしてもゲームオーバーにならず、そのまま物語が進んでいくので、想像もしていないような展開になることも。

オンラインに繋ぐと多くの人たちの選択がパーセンテージで見れるので、自分の選択が多数なのか少数なのか確認することもできます。

リン
リン
選んだ選択肢がどんな結果に繋がるのかわからないのが、楽しい要素の一つです!

また、選択肢意外にもアクションシーンではQTEが存在し、ボタン操作の結果次第で変わってきます。

detroit become human

アクションシーンは生死にかかわることが多く、ミスれないという緊張感がすさまじいです。

・プレイヤーの選択肢次第で変わる物語。

・膨大な分岐により、想像もつかない展開を楽しめる。

考えさせられる選択肢の数々

本作は、他のゲームより圧倒的に選択肢に悩まされます。

ゲームオーバーの概念がなく、主要人物の生死にかかわる選択肢も多く存在しプレイヤーを悩ませます。

detroit become human

「あの時こうしておけば…」と思うことが多々ありキリがありません。自分が良かれと思って選択した結果が、悪い方向に進んでしまうことも。

そうして、いろんな選択肢に苦悩しながらも選択した結果を受け入れなければなりません。

非常に難しい決断を繰り返した後に辿り着いたエンディングは、「あなただけの物語」と言えます。

なので、途中でやり直しをすることなくそのままゲームを進めて遊ぶことをオススメします。

リン
リン
あらゆるところにプレイヤーの感情揺さぶる選択肢を迫られる為、没入感がすさまじいです。

・手に汗握る選択肢の数々。

個性的な3人の主人公

本作は、3体のアンドロイドが主人公となっております。

主人公は同一時間軸に存在しており、それぞれのアンドロイド視点から物語が展開していきます。

※『変異体』・・・感情・自我を持つアンドロイド

detroit become human

「コナー」

アンドロイド(変異体)が起こした事件を捜査するために派遣され、警察と一緒に働くアンドロイド。

コナー編は相棒の刑事と、様々な事件を通じて絆が深まっていくところは見所です!

リン
リン
優秀で最新型のアンドロイドですが、いろんな事件を経て人間のように悩んでいる姿には、共感でき感情移入しやすかったです!
detroit become human

「カーラ」

とある一家で家事をこなす家庭用のアンドロイド。

父親の虐待から少女を守る為に、少女とともに逃避行を繰り広げてきます。

少女を守る為に頑張るカーラをみていると、心打たれるシーンが満載でもっとも続きが気になることが多い主人公でした。

リン
リン
カーラの女性らしく親子愛にあふれた様子は、3人のなかでもっとも感情移入しやすい主人公でした!
detroit become human

「マーカス」

ある出来事から人間に対して、アンドロイドの人権を得るために反乱勢力のリーダーとなるアンドロイド。

アンドロイドの為に悪事を働いてでも奮闘する姿は見もので、迫力あるシーンも多くハラハラしました。

リン
リン
反乱勢力のリーダーとして、アンドロイドの自由について悩んでいる姿に感情移入しやすかったです。

・3人の主人公それぞれに魅力があり、感情移入しやすい。

・それぞれの視点で描かれたストーリーは必見。

賛否両論なところ

・QTEが多い

アクションシーンにQTEが来ることが多いのですが、連続して何回もQTEが発生します。

なので苦手な人には、難しく感じると思います。

特に失敗した結果がストーリーに影響するので、QTEのせいで違うルートに行けないなんてことも。

リン
リン
突然発生することがあるので、なんどか危ない場面があり気が抜けませんでした。

・周回しにくい

周回プレイ前提のゲームなのに、イベントスキップが一切できない。

同じムービーや大して変わらないムービーを延々と観るだけで、時間の無駄を感じてしまい、二週目のやる気がおきなくなる。

リン
リン
フローチャート機能で、チェックポイントからできるのがわずかな救いです。

・操作性

キャラクターの動作でタッチパッドを使ったり、コントローラーを振ったり傾けたりする必要がある。

没入感を増す為の操作方法だと思いますが、めんどくさいと感じる場面もあります。

映画を観ている気分でやりたい方には向かない思いますし、ゲーム性が欲しい方には嬉しいと思います。

リン
リン
人によって好みが分かれると思いますが、個人的には無くてもよかったかなと。

最後にまとめ

『Detroit Become Human』はゲームをプレイしたと言うより、一つの映画を観た気分になりました。

映画のような綺麗な映像とストーリーですが、多くの場面で自分の選択を求められるため没入感もすごいです。

そして、初見でのこれからの展開が全く想像できないワクワク感をぜひ味わって欲しいです。

ネタバレを観ることなく、自分で考えた選択肢で進めることで、何倍も楽しくなるゲームです。

リン
リン
ストーリーが気になってる方は買って後悔はしないと思います!