ゲーム

バイオハザード7【感想・レビュー】原点回帰を掲げたホラーゲーム!

リン
リン
こんばんは、ゲーム大好きリンです。

今回は、2017年1月26日に発売された『バイオハザード7 レジデント イービル』の感想・評価についてです。

バイオハザード7は「通常版」と「グロテスクVer.」の二種類が発売されており、私はグロテスクVer.を購入しました。

こんな方におすすめ

・ホラーゲームが好きな方。

・バイオシリーズが好きな方。

・VRソフトを探している方。

リン
リン
PVの雰囲気やFPS視点になったことで心配がありましたが、遊んでみて評価ががらりと変わりました!

バイオハザード7 レジデント イービル

ジャンル サバイバルホラー
プレイ人数 1人
対応機種 プレイステーション4・PSVR・XboxOne
メーカー カプコン

バイオハザード7』は、シリーズ独自の恐怖があった初期シリーズに原点回帰を掲げたナンバリング最新作です。

4以降のシリーズは何か違和感を感じつつ、サバイバルホラーとしての要素が薄く感じられました。

そのため、アクションシューティングよりになってましたが、本作はしっかりサバイバルホラー重視の仕上がりになってます。

他にもマンネリ打破のため様々な仕様変更がなされています。

  • 没入感を高めるために視点が三人称から一人称
  • 雑魚敵からのアイテムドロップ廃止
  • 回避の代わりに防御が追加
  • COOPプレイ廃止
  • PlayStation VRに対応
リン
リン
最近のバイオのイメージを覆した作品になってます!

圧倒的な恐怖感

最近のシリーズはアクション要素が強く、ゾンビは出てくるが怖いという恐怖感が全然ありませんでした。

ですが、本作は1作目に近い緊張感とホラー的な要素で原点回帰しており、「今作は本当に怖い」とそう思えました。

バイオハザード7
初代みたいと思わせる恐怖要素

・扉を開ける怖さ・・扉の先に、敵がいるかもしれないと感じる怖さ。

控えめな敵の配置・・戦闘より探索の比率が高い分、敵に出くわした時の恐さ。

追われる恐怖・・明らかに敵わない敵に追われる怖さ。

一人行動の恐怖・・閉塞感のある屋敷内を一人で探索する怖さ。

リン
リン
ホラーとしての雰囲気の完成度が高く、初代の懐かしさを感じます!

さらに、ナンバリングで初めてのFPS視点が没入感を更に高めています。

バイオハザード7

一人称になることで敵を近くで見る機会が多く、曲がり角でばったり出くわした時なんかめちゃめちゃ怖いです。

遊ぶ前は3人称じゃないバイオに不安がありましたが、見事に不安を払拭されました。

・初代に近い緊張感とホラーに原点回帰。

・FPS視点だからこそ味わえる恐怖感。

楽しい探索・謎解き

本作はシリーズの中でも、探索・謎解きが楽しいと感じられることが多かったです。

一本道のマップをただ進んでいくのではなく、一つのまとまったエリアをぐるぐる探索していきます。

マップ同士がシームレスに繋がっているため、読み込みなく部屋から部屋へ移動できます。

最初はしまっている部屋でも、ゲームが進むにつれて鍵を入手し入ることができ、探索できる箇所が増えていきます。

リン
リン
一本道のマップで色んなところに行くのもいいですが、一つのエリアをぐるぐるする方が恐怖感があってよかったです。

最近のシリーズでは、光って落ちているアイテムを拾っていくことが多かったと思います。

ですが、今作ではアイテムが隠されていることが多く、収集アイテムも存在するので探索する楽しさがありました。

バイオハザード7

そして探索につきものな謎解き要素も、初代バイオを思わせるような感じになっており楽しく遊べました。

謎解き一例

・ドアを開けるためのレリーフを集めはめ込む。

・ショットガンを拾うとドアが閉まる。

リン
リン
初代をプレイしている人なら、懐かしく感じるんじゃないでしょうか!

こういう探索や謎解きがめんどくさく、銃でドンパチするのが好きな人もいると思いますが、私はこういうバイオが好きですね。

・探索に比重をおかれた屋敷が舞台。

・探索や謎解きが楽しい、多彩な要素。

緊張感のあるサバイバルホラー

本作は、持ち運べるアイテムや入手できるアイテムに制限があります。

最近のバイオシリーズでは、拾った武器が全て持てたり、アイテムが入手しやすく戦争ゲームなみにドンパチできました。

ですが、本作では「敵からのアイテムドロップが無くなった」「持てるアイテムの数が少なめ」など考えて使っていかないといけません。

「弾薬や回復などがなくなりそう」などといった感じで、緊張感あるプレイングが楽しめます。

リン
リン
アイテム管理は、サバイバルホラーの醍醐味ですね!

・アイテムに制限があり、サバイバル要素も楽しめる。

VRプレイでの真の恐怖体験

本作の一番の魅力が、PlayStation VRに対応しているため、VRでプレイすればさらにリアルな恐怖を体験できます。

VRは360度見渡すことが可能で、360度いずれかの方向から突然ゾンビに襲われるという恐怖感が存分に味わえます。

リン
リン
テレビで見ていてもビックリするのですが、VRだと体が反応してしまうぐらい怖いです。

グロテスク版では、目の前で部位欠損の描写もあるので苦手な人には気分が悪くなるかもしれません。

そしてPSVR向けの恐怖演出が多いように感じられることが多く、PSVRとヘッドホンをつけている状態であそべばより効果的です。

探索中に突然ドアや壁がドンドンと叩かれるなどの要素ですが、こういったものが物理的に体に伝わってきて、臨場感がすごいです。

リン
リン
これまでに様々なVRゲームを遊んできましたが、ここまで没入感や臨場感がすごいゲームはなかなかないです。

ただし、VRでの欠点があるとすれば「疲れ」と「3D酔い」するということです。

長時間VRをかぶり続けた状態でプレイしてると、緊張と集中しすぎるのか疲れを感じます。

特に初めてVRを遊ぶ人にとっては、視点移動などで気分が悪くなって酔ってしまうので、適度な休憩を取りながらやることをおすすめします。

・VRならではの、没入感と臨場感が味わえる。

・長時間プレイに向かない。

賛否両論なところ

・敵キャラの種類が少ない

今作はボスキャラを除けば、モールデッドという化け物が大半で、そのモールデッドが数種類いる感じです。

リン
リン
同じような敵ばかり相手することになり、一回のクリアで満足しちゃいました。

・ボリューム不足

近年の作品と比べるとストーリーが大幅に短くなっており、一周10時間ちょっとでクリアできてしまいます。

収集アイテムなどがあるものの、それ以外はやりこみ要素もほぼないです。

リン
リン
本編だけでは物足りないという方は、有料のDLCをオススメします!

最後にまとめ

シリーズ物ですが本筋とあまり絡まない内容であるため、初めてバイオをする人にはプレイしやすい内容でした。

4以降もそれなりに楽しかったのですが、本作をプレイ終わってやっぱりこれこそ自分の好きなバイオが帰ってきたなと思いました。

ホラーゲームとして一度楽しみたいのであればとてもおすすめできる作品だと思います。

そしてVRでの完成度も非常に高いので、興味がわいた方は是非あの圧倒的な恐怖体験を味わってみてはいかがでしょうか!