ゲーム

アサシンクリードオリジンズ【感想・レビュー】シリーズのマンネリを払拭した作品!

アサシン クリード オリジンズ

こんにちは、ゲーム大好きリンです。

今回は、2017年10月27日に発売された『アサシンクリードオリジンズ』の感想・レビューについてです。

前作の発売から2年という期間を経てリリースされ、数々の新要素に加え、新しい試みが盛りだくさんとなっております。

こんな方にオススメ
  • オープンワールドが好きな方
  • グラフィックを重視する方
リン
リン
これまでのマンネリ感が払拭されて、良い意味で期待を裏切られた作品でした! 

アサシンクリードオリジンズ

ジャンル アクションRPG
プレイ人数 1人
対応機種 PS4・Xbox One
発売元 ユービーアイソフト

アサシンクリードオリジンズは、オープンワールドのステルスアクションゲームとなっています。

今回の舞台は、歴史上最も深い謎に包まれた古代エジプト。

プレイヤーはエジプトの守護神「バエク」というアサシンの起源となる人物。主人公は息子の仇を討つため、「古き結社」のメンバーたちを倒す戦いに出る。

そして、ファラオたちの権力争いに巻き込まれ、アサシン教団を立ち上げるまでのはじまりを描いた物語です。

【再現度の高いエジプト】

アサシン クリード オリジンズ

オリジンズ舞台の古代エジプトはオープンワールドとして作られており、マップの広さはシリーズ最高レベルでした。

そして、最高峰のグラフィックで再現されたエジプトは、見ているだけで楽しめ観光してるようでした。

リン
リン
シームレスのロード時間無しで、他のエリアにも行けちゃうのでゲームの世界観にのめり込めます!

エジプトといえば、ピラミッドスフィンクスなど大規模な遺跡だが、しっかりとゲームでも再現されております。

エジプトと聞いて、「砂漠とか遺跡ばかりで同じような景色ばかりなんじゃ」と思うかも知れませんがそんなことはないです。

渓谷・森・宮殿・洞窟・水中・など、様々なロケーションが用意されており、最後まで見飽きることはありませんでした。

アサシン クリード オリジンズ
リン
リン
本作から追加されたフォトモードで、絶景を撮ってまわるのも楽しいです!

オープワールドの精細な作り込みで、エジプトの様々な場所を再現し、観光ゲームとしても成立するほど素晴らしい。

【快適な移動要素】

広大なマップだと、移動が面倒と思うかもしれませんが、快適な要素がありストレスを感じませんでした。

・乗り物やファストトラベルポイント

馬やラクダに乗っている時は、オートに切り替えると、目的地付近まで自動で連れていってくれます。

ファストトラベルポイントも多数存在し、時間を短縮して移動することができます。

アサシン クリード オリジンズ
リン
リン
移動に時間をかけたくない時はワープ、景色を楽しみたい時は乗り物といった選択ができ、広すぎて不満を感じることはなかったです!

・縦横無尽なパルクール

初代から続く大きな特徴で,壁や障害物を乗り越えて普通では行けない場所へ移動することができます。

巨大な建造物や断崖絶壁の岩山など、たいていの所を移動することができるので、目的地に最短距離でいくことができます。

以前のシリーズと比べ「つかめそうに見えるけどダメ」といったところが、少なくなったのでスムーズに移動ができます。

アサシン クリード オリジンズ
リン
リン
軽快なパルクールアクションは操作していて気持ちがいいので、ついついいろんな所を登ってしまいたくなります!

乗り物にパルクールといった景観を楽しめつつも、快適に移動できるようになっており、快適に遊べるオープンワールドとなっています。

【アクション要素が増した戦闘】

アサシン クリード オリジンズ

オリジンズは、強攻撃・弱攻撃・回避・ロックオン等を駆使して、歯ごたえあるアクションを楽しめるようになっています。

しっかりガードして避けて、敵のガードを崩して少しずつ攻撃していく感じが、ダークソウルを思わせます。

今までのアサシンクリードでは、基本的にカウンターをしていれば大抵の敵は倒せていましたが、オリジンズではカウンターが廃止されています。

カウンターを使った戦闘は、簡単であるがマンネリ化の要因で廃止したことによって、良くなったことが様々あります。

  • 戦闘の難易度が難しくなり、緊張感・スリルを味わえるようになった。
  • ごり押しプレイができなくなり、メリハリのある戦闘ができる
  • 高レベルの敵に対する、ステルスアクションの重要性が増した。
リン
リン
これまでのシリーズと比べ、戦略の幅が広がった戦闘が楽しめてよかったです。

マンネリ化の要因のカウンター廃止により、これまでのシリーズのように無双することができなくなったが、アクション性が高くなった。

【楽しいRPG要素】

オリジンズは、RPG要素が強くなっておりレベルが重要になってきます。

レベルと言うと「ひたすら敵を倒してレベル上げ」が必要と思う方がいるかもしれませんが、今作は経験値稼ぎが楽しいです。

まず普通の敵を倒しても、経験値はあまりもらえません。

サブクエストのクリア・地域の探索・地域ごとに設定された宝の発見などの方が、効率よく経験値を稼ぐことができます。

リン
リン
つまり,探索すればするほど主人公が強くなるため、各地を寄り道したくなるんです!

さらに、主人公のレベルが上がるとアビリティポイントが手に入り、さまざまな能力をアンロックできます。

近接攻撃・弓攻撃・アイテム装備の3つを強化していくことができ、自分のプレイスタイルによって自由に選べます。

ロケーションの豊富さによって、経験値を稼ぐためのサブ要素を飽きさせない仕組みになっている。

【ワクワクのハスクラ要素】

武器は敵を倒すとランダムで落とすほか、宝箱やクエストの報酬などで入手できるが,種類やレア度は運次第となっています。

アサシン クリード オリジンズ

装備は弱いものもあれば強いものもあり,背景の色が青→紫→金と変わり,その順で入手しづらくなっています。

リン
リン
金色のレジェンドがゲットできた時は、思わずガッツポーズしたくなるぐらい嬉しいです!

低レベルのレジェンド武器でも、鍛冶屋で現在レベルまでちゃんとアップグレードできるので、最後まで使うことが可能となってます。

せっかくのレジェンドなのにレベルが低くて使えない、という事がなくてよかったです。

それと、武器の種類が大幅に増えているので、武器を集めていく楽しさもあります。

ハクスラ的な武器収集、宝箱を開ける楽しみがこれまでのシリーズに比べ格段に増えた。

賛否両論なところ

バイオレンス表現

グラフィッククオリティの向上で、バイオレンス表現もクオリティアップしてます。

ムービーシーンでは、目を背けたくなるような場面もあるので、苦手な方にはツライかもしれません。

リン
リン
流血表現のオフは可能なので、苦手な方は設定しておくといいですね!

カウンター廃止

カウンターがなくなったことにより、簡単かつ爽快な戦闘ができなくなった。

これまでの、簡単に倒せて無双してる感じが好きな人には、廃止されない方がよかったですね。

リン
リン
過去シリーズのマンネリ化要因の一つをなくしたのは、個人的にありです!

作業感

圧倒的な数のサブ要素があっていいのですが、どうしても後半からバリエーションに目新しさを感じなくなっていくので、作業感がでてしまう。

逆に少なくても、物足りないになってしまうので、難しいとこですね。

リン
リン
私てきには、楽しめる範囲でやり込める方がすきなので、物足りなくなるよりかはいいです!

最後にまとめ

アサシンクリードをずっとプレイしてきた人には、好みが分かれそうな作品になってます。

ですが、これまでのマンネリ化を払拭した新要素などは、ぜひ遊んでもらいたい出来になっています。

前作までとはストーリーのつながりもないので、初めてアサシンクリードをプレイする人にもおすすめできます。

そして、最高峰のグラフィックで再現されたエジプトは、見事な作りこみで圧巻です。

シリーズの中では素晴らしい作品なので、興味をもたれた方は、ぜひあそんで見て下さい!