ゲーム

名作『大神 絶景版』Nintendo Switchで発売!!

こんにちは、リンです。

ついに2018年8月9日に『大神 絶景版』がNintendo Switchで発売されました。私はPS2版をクリア済みですが、久しぶりにやりたくて購入。

Switch版をプレイしてみてやっぱり素敵な作品だなと感じるくらい名作だなと実感しました。

こんな方にオススメ
  • 日本画のような和風のグラフィックが好きな人
  • 個性あふれるキャラクターが好きな人
  • 華麗かつ爽快な戦闘が好きな人

リン
リン
まだ大神を遊んだことがない方の参考に!

大神とはどんなゲーム?

大神 絶景版

2006年にPS2で発売され、日本画のような美しいグラフィックと人々や動物たちとのふれあいの中で繰り広げられる壮大なネイチャーアドベンチャーゲームです。

人々とふれあい、願いを叶える。そして美しい大自然を取り戻す、それが狼の姿をした主人公「アマテラス」の目的です。さらに宿敵「ヤマタノオロチ」を倒すべく、鏡”勾玉”剣の三種の神器で妖怪たちと戦っていきます。

アマテラスは筆を走らせることで様々な奇跡を起こすことができる、神の力である十三種類の『筆しらべ』をつかい、世界を冒険していきます。

個性豊かなキャラクター

アマテラス

本作の主人公。ヤマタノオロチとの戦いで体が傷つき肉体を失ったと言われていたが木精サクヤの力で復活する

信仰心の強い者には神としての姿は見えるが、普通の人間には何の変哲もない白狼にしか見えない。思慮深いところがあるのだが、イッスンからよくポアッとしてると言われている。

普段はただの犬のような行動をとっているが、とっさに神さまらしい行動をとったりと、つかみどころがない。

イッスン

旅絵師として全國行脚をしている小さな妖精コロポックルで、日本では縁起物とされる玉虫のような兜をかぶっている。口は悪いが、威勢のいい江戸っ子のような性格で絵の腕は一流。

アマテラスの筆しらべに魅了され、その技を盗むべく一緒に旅をすることになる。アマテラス程強力ではないが筆しらべを使うことが出来る。モチーフは一寸法師だそうだ。

木精サクヤ姫

高い力を持った精霊で、アマテラスを復活させる。世界を襲った災厄から村を守りぬいてきたが各地で勢いを増した妖怪によって霊力をほとんど失い、アマテラスに世界を救うことを託す。

衣装は2パターンあり、2パターン目の方が露出が多く、桃を象って胸と尻の部分が切り取られている。

筆しらべによるアクション・戦闘

大神 絶景版

このゲームならではの要素として筆しらべというシステムがあり、太陽のように丸をかけば朝になり、壊れた橋に道を描けば橋が元どおりになったりします。

戦闘では、風のように筆で描けば突風が起こって敵が飛んでいったり、爆弾のような物を筆で描けば花火爆弾が生み出され爆発して攻撃するなど独特な戦闘を楽しむ事ができます。

  • 「一閃」 直線を描くことによって対象を断ち切る筆しらべ
  • 「光明」 丸い円を空に描くことにより太陽を出現させる筆しらべ
  • 「水郷」 水を自由に操れる筆しらべ
  • 「画龍」 壊れている部分を塗りつぶすように描くと復元する筆しらべ

その他にも、いろいろな筆しらべがあります。

リン
リン
様々な筆しらべを覚えていくので、次はどんな筆しらべを覚えるのかというワクワクします!

Switch版ならではのこと

筆しらべをタッチ操作で

携帯モード時に、タッチスクリーンにて直接タッチして筆しらべができるようになった。タッチ操作になることで素早く直感的に操作できる。

筆しらべをジャイロ操作で

TVモードまたはテーブルモード時に、Rボタンを押しながらJoy-Conを描きたいように直感的に動かすことができる。

どこでもできる

携帯モードでプレイ可能なので、持ち運んで遊ぶことが可能です。

リン
リン
筆しらべをタッチパネルでの操作がやり易く一番おススメです!

最後に

12年前のゲームですが、今なお楽しめる素晴らしいゲームです。

この作品ほど日本らしさを追求したゲームは数少ないと思います。移植やリマスターを繰り返してきてついに携帯モードで大神をプレイすることができるので、気軽にプレイしやすくなると思います。

そして独特の世界観やグラフィック・BGMなどは、このゲームならではの感じでとても好きでした。

お値段もお手頃かつプレイ時間も40時間位のボリュームでお買い得です。

リン
リン
自信を持ってオススメできる作品ですので興味があればぜひ遊んでみて下さい!
『大神 絶景版Nintendo Switch』

 

公式ページ

 大神 絶景版 評価

8

ボリューム (やりこみ要素など)

7.0/10

グラフィック (キャラクターデザイン・背景など)

9.0/10

システム(操作性・インターフェイスなど)

7.5/10

サウンド (BGM・SEなど)

7.0/10

ストーリー (脚本・演出・世界観など)

9.5/10