ゲーム

ロックマン11 運命の歯車!!【感想・レビュー】初心者・上級者ともに楽しめる設計に!

こんばんは、ゲーム大好きリンです。

今回は、2018年10月4日に発売された『ロックマン11 運命の歯車!!』の感想・レビューについてです。

前作『ロックマン10 宇宙からの脅威!!』が発売されてから8年になり、新作を待ち望んでいた方も多いんじゃないでしょうか。

こんな方にオススメ
  • 2Dアクションが好きな方。
  • ロックマンシリーズが好きな方。
  • 難しいイメージがあって避けてる方。
リン
リン
8年経っても、ロックマンならではのゲームバランスで面白かった!!

ロックマン11 運命の歯車!!

ジャンル アクション
プレイ人数 1人
対応機種 PlayStation®4 ・ Nintendo Switch・ Xbox One
メーカー カプコン。

これまでのシリーズ同様に、ステージクリア型の横スクロールアクションゲームとなっています。

各ボスたちの特徴あふれるステージを挑戦し、倒したボスの力を手に入れて、次ぎのステージを攻略していくのが最大の魅力ですね。

現代の精細なグラフィックと滑らかな動きのアクションとなっており、新システムも追加されています。

リン
リン
気になる点もあったが、満足できる仕上がりでした!

【新要素の「ダブルギアシステム」】

本作の最大の特徴は「ダブルギアシステム」というのが搭載されていることです。

「スピードギア」「パワーギア」の2つのギアがあり、ロックマンの能力を一時的に強化するシステムとなっています。

スピードギアでギミックをかわし、パワーギアで敵を一掃といった、流れるようなアクションで爽快感がありました

スピードギア」・・・周囲の時間を遅くする。

パワーギア」・・・バスターと特殊武器の威力が上がる。

ギアには制限時間(ゲージ)があり、使い過ぎるとオーバーヒートしてしまい、しばらく使えなくなります。

制限時間があることで、ギア一辺倒ではクリアできないようになっていて、絶妙なゲームバランスになってます。

ピンチになると、「ダブルギア」が発動できるようになります。

ロックマン11

ダブルギア」・・・スピードとパワーの両方を同時に使うことができる。

しかし、発動してしまうと限界まで解除不能となり、強制的にオーバーヒートになってしまう。

リン
リン
ダブルギアシステムにより、これまでにも増して多彩なアクションが繰り出せて楽しいです!!

これまでのシリーズでクリアできなかった人も、このシステムがあればクリアすることができるかもしれません。

・ギアシステムにより、自由で多彩なアクションを繰り出せる。

・難しい難易度ではあるが、ギアシステムによりクリアしやすい。

【クリア後も楽しめる要素】

本作には様々なチャレンジが用意されており、同じステージでも何回も楽しめるようになっています!

ロックマン11

多彩なルールで各ステージを攻略し、「タイムアタック」「ポイントゲッター」等、世界中のプレイヤーと競えます。

多彩なルール
  • タイムアタック」経過時間が表示され、クリア時間で競う。
  • ポイントゲッター」敵を倒すとポイントが貰え、そのスコアを競う。
  • ミニマムジャンプ」ジャンプ回数が表示され、その数で競う。
  • バルーンアタック」青いバルーンのみ壊しながら、クリア時間を競う。

ギアシステムやサブウェポン等の使い方次第では、タイムを短縮したり、スコアを伸ばしたりすることができます。

ステージの記録更新や世界最高記録を目指したりして、何度もトライしながらやり込めると思います。

リン
リン
何度も挑戦した結果、良い記録が出てくると達成感と喜びが半端ないです!!

そして、ロックマンの世界観や設定が大好きなプレイヤーには「ギャラリーモード」があります。

本編で戦ったことがある敵や、ボスの特徴や設定といったデータが閲覧可能で、ファンには必見です。

・多彩なルールがあるチャレンジモードで競える。

・ファンにはたまらない、ギャラリーモード。

【初心者には優しい仕様】

アクションゲームの中でも屈指の難度を誇るため、ロックマンと言えば、難しいアクションゲームの印象が強いです。

今作もいつも通り難しく、クリアを諦めるかもと思ってましたが、そんなことはなかったです。

まず、今作は4つの難易度から選ぶことができ、初心者から上級者まで平等に遊ぶことができます。

ロックマン11
  • 「NEW COMER」・・・初心者向けの難易度。
  • 「ADVANCED」・・・初心者〜中級者向けの難易度。
  • 「ORIGINAL SPEC」・・・中級者〜上級者向けの難易度。
  • 「EXPERT」・・・上級者以上向けの最強の難易度。

さらに「NEW COMER」の最低難易度では、様々な救済措置があります。

「残機無限」「被ダメージ量低下」

「トゲによる即死無効」「チェックポイント増量」

上記以外にも様々な救済措置があるため、2Dアクションが苦手な方も楽しめるようになってます。

難易度ごとの調整が素晴らしく、慣れてきたら徐々に難易度を上げていくという遊び方ができるので素晴らしいです。

ロックマン11

その他にも換金アイテム「ネジ」を支払うことで、攻略の手助けとなるアイテムを購入できるようになっています。

これまで、アイテム購入に消費する換金アイテムが集まりにくかったが、今作は非常に集まりやすいです。

なかなかクリアできないと思った時は、どんどんアイテムと交換して活用していくと良いと思います。

・プレイヤーにあわせた難易度を選択できる。

・換金アイテムが手に入りやすく、ショップが有効活用できる。

賛否両論なところ

ボリューム不足

本作のステージ数は8+αしかなく、ゲームのボリュームは少なめです。

やりこまない人にとっては、一日あれば終わってしまう。

リン
リン
その分ステージ一つ一つは長めですが、それでも少し物足りないかなと。

トラップ要素が多い

各ステージ、トラップがふんだんに用意されている。

難易度によってはコンティニューポイントがかなり少なく、死にやすい上に死んだらかなり前まで戻されるのでストレスが溜まることも。

リン
リン
難易度が高いというよりも理不尽要素が強めな感じがしますね。

最後にまとめ

これまでのシリーズにはなかった、ギアシステムが非常に面白く、攻略の幅が広がりました。

そして、計算され尽くした敵キャラの配置やステージのギミックなどは紛れもなくロックマンで、シリーズファンとしては楽しめました。

また、アクションが苦手な人にとっても、様々な親切設計により「過去シリーズを遊んだことがない」というプレイヤーにもオススメできます。

リン
リン
興味をもたれたら、ぜひ一度遊んでみてはいかがでしょうか!