ゲーム

キャサリン・フルボディ【感想・レビュー】歯ごたえあるパズルゲーム!

リン
リン
こんばんは、ゲーム大好きリンです。

今回は、2019年2月14日発売の『キャサリン・フルボディ』の感想・レビューについてです。

2011年に発売されたキャサリンから、8年の時を経て完全版が発売されると言うことで楽しみにしておりました。

こんな方にオススメ

・アクションパズルゲームが好き。

・過激なストーリーが楽しみたい。

・前作キャサリンを遊んだことがない。

リン
リン
前作を遊んだことがない方には、特に楽しめる作品になってます!

キャサリン・フルボディ

ジャンル パズル・アクションアドベンチャー
プレイ人数 1~2人
対応機種 PlayStation 4・PlayStation Vita
メーカー アトラス

本作は、前作「キャサリン」の完全版となっており、大人のアクションアドベンチャーゲームとなっています。

前作では2人のキャサリンと主人公の三角関係となってましたが、新たに3人目のキャサリンが登場し「四角関係」が描かれています。

新シナリオ・新イベントの追加により、過激な修羅場展開を更に味わうことができるようになりました。

パズルパートでは、新しい難易度の追加やサポート要素が充実し幅広い層のプレイヤーが楽しめる仕様になりました。

リン
リン
さらに、パズルステージでオンラインでの対戦協力が可能となっています!

歯ごたえあるアクションパズル

本作のパズルは、ブロックを押したり引いたりして上に登るための道を作りつつ頂上を目指していくゲームです。

キャサリン・フルボディ

積み上がったブロックを登っていくだけのシンプルなルールですが、足場は時間の経過と共にどんどん崩れていくので柔軟な発想が試されます。

限られた時間の中でステージ構成を立体的に把握し、登っていかなければならないので前作から難易度が高いパズルゲームと言われてきました。

リン
リン
難易度が高い分、頂上までたどり着いた時の達成感はすさまじいです!

そして本作では、新しいステージと変わった形状のブロックが登場する「アレンジモード」が追加されています。

キャサリン・フルボディ

アレンジモードでは、正方形のブロック以外に長方形やL字型のブロックも登場するので新鮮な気持ちで遊ぶことができます。

通常モードと違いブロックの動かし方などが変わってくるため、通常モードで物足りない方にはぜひ遊んでもらいたいモードです。

リン
リン
マルチエンディングのため、周回するときなどにもモードを切り替えることで周回が苦になりにくいです!

・アクション性とパズル要素が絶妙のパズルゲーム。

・二種類のモードにより、ステージ総数が500以上。

パズルゲームが苦手な方も安心

難しいパズルゲームとしての評価が多かった前作ですが、本作ではパズルゲームが苦手な方に対する様々な仕様が追加されています。

まず、新しい難易度として「Safety」という難易度が追加されました。

「Safety」ではじめると「罠が発動しない・制限時間無し・ゲームオーバーなし」という苦手な人にはありがたい難易度となってます。

さらに未クリアのステージのパズルパートをスキップすることも可能となっており、必ずエンディングまでクリアすることができます。

リン
リン
前作のEasyで心が折れた方やストーリーをサクッと進めたい方にはお勧めしたい難易度です!

さらに自分のレベルに合わせた細かいサポート機能が複数追加されました。

サポート機能

・「オートプレイ」自動で登ってくれる。

・「自動UNDO」死んだら一手前にもどしてくれる。

・「リトライアシスト」死んだ地点まで自動で登る。

・「ライン表示」ぶら下がり時移動できる部分がわかる。

このサポート機能をうまく活用することで、自分にあった難易度にすることができます。

リン
リン
スキップせずに頑張ってクリアしたい人にとっては嬉しい機能ですね!

・必ずクリアできる「Safety」難易度追加。

・気軽にプレイしやすくなっているサポート機能。

2人で楽しめるマルチ要素

前作にも対戦モードが用意されていたが、本作ではオンラインで対戦協力することができるようになりました。

キャサリン・フルボディ

2人のプレイヤーが同時にステージを攻略して、先に頂上にたどり着くか、あるいは転落してしまうかで勝敗が決まります。

「ランクマッチ・カジュアルマッチ・フレンドマッチ」が用意されており、自分とレベルが近い人やフレンドとの対戦を自由に行えます。

対戦以外にも、各種オンラインランキングや各ステージでの死亡人数と死因、告解室での回答統計などもわかります。

キャサリン・フルボディ

リン
リン
他のプレイヤーがどんな回答をしているのか確認できるのが、面白くてよかったです!

・オンラインで対人戦の熱い駆け引きを味わえる。

刺激的なストーリー

本作の魅力の1つでもある、恋愛的な修羅場を独特の世界観やキャラクターで描かれている「大人の恋愛ドラマ」アドベンチャーです。

前作では、主人公が恋人と浮気相手の3人で繰り広げる三角関係が描かれていましたが、本作では3人目のヒロインが追加され「四角関係」に発展。

日常シーンで繰り広げられる主人公の葛藤は、もしも自分が主人公の立場ならどうするだろうと考えながら楽しむことができます。

プレイヤーの選択肢次第で結末が変わる「マルチエンディング」になっていますので、様々な修羅場を堪能することができます。

リン
リン
10以上のエンディングが用意されているので、ボリュームも申し分無しです!

そして本作から追加された3人目のヒロイン(リン)によって、ストーリーの色合いが変わり新たなキャサリンの物語が描かれていました。

前作に付け足す感じかと思いきや、ストーリー全体が見直されていて新鮮味があり前作を遊んでいても楽しめる内容に。

リンの魅力も独特のものがあり、他の2人とは違った可愛さや癒しのような存在でプレイヤーを虜にしてきます。

そして、リンルートはプレイヤーの想像をこえる展開が用意されており、衝撃を受ける人もいるのではないでしょうか。

リン
リン
癒し系のリンが加わることで、物語の修羅場が前作以上にドキドキしました!

・様々な修羅場を経験できる大人のアドベンチャー。

・新エピソード・エンディングが追加。

賛否両論なところ

・恋愛を楽しめるわけではない

エンディングを除けば、ほとんど修羅場展開が繰り広げられるので苦手な人には向かないゲームです。

また、3人のヒロインのだれかと恋愛の過程が楽しめるわけでもないので、その点は注意しておきたいです。

リン
リン
あくまで修羅場のドロドロした展開が好きな人にはオススメできる物語になっています。

・前作プレイ済みには新鮮味が薄い

新キャラ・新エピソードが追加されているが、前作をプレイ済みの方にとってはそれ以外は新鮮味が薄い作品です。

パズル関連も、新規や前作を途中でやめた人に対する救済措置てきな要素が多いイメージです。

リン
リン
前作遊んだ方にはお値段に見合った内容にはなってないと感じました。

最後にまとめ

本作は、大人のドラマ・アクションパズルの2つのパートが繰り返されていく為、どちらかにでも興味があればオススメできます。

ストーリー目当てで始めたが終盤ではパズルにはまってた、またはその逆もありえるそんな作品です。

人を選ぶゲームなので賛否両論あるだろうが、ハマる人はかなりハマるそんな中毒性を秘めてると感じました。

前作プレイ済みの方に、追加要素のためだけにこのフルプライスを購入するのをオススメはあまりできませんが、

リン
リン
キャサリンを初めて遊ぶ・前作を途中で諦めた人には是非一度遊んでもらいたい作品です!
created by Rinker
¥7,461
(2020/05/31 06:40:07時点 楽天市場調べ-詳細)

created by Rinker
¥7,461
(2020/05/31 06:40:07時点 楽天市場調べ-詳細)