ゲーム

BIOHAZARD RE:2【感想・レビュー】名作バイオハザード2の完全リメイク!

こんばんは、ゲーム大好きリンです。

今回は、2019年1月25日発売の『BIOHAZARD RE:2』の感想・レビューについてです。

1998年にプレイステーションで発売された「バイオハザード2」のリメイク作品となっています。

こんな方にオススメ

・ホラーゲームが好きな方。

・初めてバイオシリーズを遊ぶ方。

・オリジナル版を遊んだことがある方。

リン
リン
本作も、通常版とグロテスク版の二種類が用意されています。

BIOHAZARD RE:2

ジャンル サバイバルホラー
プレイ人数 1人
対応機種 PlayStation 4
メーカー カプコン

本作は1998年に発売された『バイオハザード2』をベースに再構築された作品となってます。

キャラクター・背景の構成・ストーリーの見直しや仕掛けや謎解きの改修等、一から再考証を行っております。

さらに新規要素もふんだんに盛り込まれているため、オリジナル版をプレイしたことがある方にも存分に楽しめます。

リン
リン
バイオ7で使用した「RE ENGINE(アールイーエンジン)」が使用されており、恐怖の臨場感が味わえます!

再構築された圧倒的恐怖感

バイオRE2のグラフィックは「RE ENGINE」と呼ばれるゲームエンジンが使用されており、細かな光の描写等がリアルになってます。

暗い屋内を探索するバイオハザードにおいて、細かな光の描写によって恐怖の度合いが段違いに変わってきます。

さらに、サウンド部分では「リアルタイムバイノーラル」という立体音響の技術が採用されています。

それにより5.1chでなくとも前後左右、立体的に音が聞こえるようになっております。

リン
リン
スティックライトの光だけを頼りに暗い屋内を探索し、見ていない方向から立体的に音が聞こえてくる恐怖感には圧倒されます!

また、オリジナル版のカメラのシステムが変更されており、より臨場感のある作品に仕上がっています。

オリジナル版では定点のカメラでしたが、本作ではキャラクターの背後から覗き込む「ビハインドビュー」が採用されています。

バイオハザード RE:2

突然後ろから不意打ちにゾンビに襲われたり、正面から襲い掛かってくる臨場感はオリジナル版を凌駕しています。

リン
リン
ゾンビに捕まれると、リアルなゾンビの顔がアップされて襲われる演出がものすごく怖いです!

・「RE ENGINE」によるリアルな描写で暗さの恐怖。

・「リアルタイムバイノーラル」による立体音響で音の怖さ。

・「ビハインドビュー」による怖さの臨場感向上。

緊張感のある戦闘

本作はゾンビがしぶとく、適度に難しいという絶妙なゲームバランスになっていると感じました。

バイオハザード RE:2

ノーマルの難易度でプレイしましたが、バイオを初めて遊ぶ方には苦戦を強いられるんじゃないかと思います。

普通に撃つと何発も撃ち込まないと倒せず、頭を狙う必要性がこれまで以上に重要になっています。

リン
リン
頭や足以外だとなかなか怯まず襲ってくるので、怖さと焦りで緊迫感が凄いです!

そして、ただでさえしぶといゾンビを全て倒していると弾薬不足に陥るため、逃げる等の戦う以外の選択肢も必要になります。

ゾンビに対する様々な選択肢

・弾に余裕がありそうだから倒す。

・地形を利用してゾンビをまく。

・撃って怯ませて通り過ぎる。

などといった「倒すか逃げるかの判断」が重要で、弾薬管理していくサバイバル要素がまた面白いポイントです。

リン
リン
ナイフでいけるんじゃないと思いますが、何回か使用すると壊れてしまうためより弾薬が必要になってくるんです!

さらに、本作からの追加要素で外のゾンビが一階の窓を破り侵入してくることがあります。

バイオハザード RE:2

木材」というアイテムを打ち付けて侵入を防ぐこともできますが、放っておくといつの間にかゾンビが侵入していたりします。

そのため、今まで大丈夫だと思っていた場所でも急に襲われたりするので油断なりません。

リン
リン
常にゾンビを警戒しておかなければならないのは、シリーズ屈指の緊張感があるとおもいます!

・シリーズ屈指のゾンビのしぶとさ。

・少なめに調整されている弾薬やアイテムで緊迫感のある戦闘。

・常に付きまとう緊張感のある「侵入要素」。

探索・謎解きの楽しさ

本作は、一本道のマップをただ進んでいくのではなく、一つのまとまったエリアをぐるぐる探索していきます。

バイオハザード RE:2

ゲームを進めるにつれて、入れなかったところが入れるようになって探索できるところが増えていきます。

リン
リン
新しい部屋に初めて入るときは、めちゃくちゃ怖い気持ちがあるんですが、何があるのかワクワクした気持ちにもなり楽しいです!

そして、弾薬やアイテムが少なく多彩な謎解き要素があるため、探索がより重要になってきます。

探索を疎かにしていると、弾薬不足に陥りやすく後々の戦闘で苦戦を強いられると思います。

それって「弾薬やアイテムが少ない仕様がダメなんじゃない?」と思う方もいると思いますが、少なめだからこそ探索がより楽しく感じます。

恐怖の中頑張って探索して、ハンドガンの弾などを見つけたときはめちゃくちゃ嬉しいです。

リン
リン
1つ1つのアイテムのありがたみが身に染みるのは、ここ最近のシリーズで一番です!

謎解きもマップのいたるところにギミックが仕掛けられており、からくり屋敷みたいで楽しいです。

謎解きにも様々な種類が用意されており、プレイヤーを飽きさせません。

・メダルの絵合わせ

・薬剤パズル

その他にも、キーアイテムを見つけてこれまで開かなかったドアやシャッターなどを開けていきます。

そのキーアイテムが絶妙な位置に配置されており、「あの場所に使うんだろうか?」と考えるのが非常に楽しいです。

リン
リン
アクション・演出重視の一本道を進んでいくより、「探索が楽しいバイオ」の方が個人的に好きですね!

・探索が楽しめるマップ構造。

・探索でアイテムを見つけたときの喜びが大きい。

・多彩な謎解き要素を楽しめる。

初心者に優しい親切設計

本作はオリジナル版から様々な要素が変更されており、初めてバイオシリーズを遊ぶ方にとっても親切設計になってます。

オリジナル版からの親切設計になった大きな違いは、

・マップ画面

マップを開くと発見したが手に入れてないアイテムの表示や、どこが探索済みでどこが未探索なのかが色分け表現されるようになったことです。

・セーブの回数制限廃止

オリジナル版では、「インクリボン」というアイテムを所持していないとセーブできない仕様でした。

ですが本作よりインクリボンのアイテムがなくなり、回数制限がなくなりました。

※ただし、難易度のハードコアモードにはインクリボンが存在しています。

・サブウェポンでカウンター可能

本作ではサブウェポンのナイフ・手榴弾を所持している場合、ゾンビなどに掴まれた際にカウンター攻撃をくらわすことができる。

・シリーズ初めての方にも、親しみやすい仕様変更。

・現代にあわせた便利なシステム。

賛否両論なところ

・イベントシーンのカット

オリジナル版と比較するとそもそもストーリーの流れが違ったりするのですが、所々演出がカットされていたりします。

本作が初めてな方は問題ないと思いますが、オリジナルを知っている人には「あれっ?」と違和感に感じるところが。

リン
リン
個人的に印象に残っているシーンがカットされていたので、すこし残念な気分でした。

・ゾンビの死亡判定

オリジナル版はゾンビが死亡すると血溜まりが出来たが、本作は死亡したかの判定が一切存在せずわかりにくいです。

判別が難しいため、銃で撃つ・ナイフで切る・待機するなどして確認しないと、不意をつかれて襲われてしまいます。

リン
リン
本当に倒せているのか?生きているのか?疑心暗鬼で、ドキドキするのが個人的に面白かったです!

・タイラントがしつこい

本作ではタイラントが出現するため、非常に探索がやりにくくなっています。

戦うメリットがなく、追跡範囲が広く設定されておりアイテムを回収したくても落ち着いて出来ません。

リン
リン
出てきた最初の頃は怖くてドキドキしていたのですが、頻繁に出現するので後半にはうっとおしく感じてしまいました。

最後にまとめ

久しぶりに、こんなに面白いバイオハザードを遊ぶことができてよかったと思えました。

閉塞感を感じ暗闇での探索も緊張感があり、バイオハザード7に続き恐怖感を凄く感じることができました。

特にタイラントに追われているときの足音はすごくドキドキしました。

隣の部屋にいても足音が聞こえてきて、今にも自分のいる部屋に入ってくるんじゃないかとビクビクします。

かなりのクオリティで仕上がっているので、バイオシリーズ初めての方も、オリジナル版をやった方でも誰でも楽しめると思います。

リン
リン
興味を持ってもらえたら、是非一度遊んでみてはいかがでしょうか!