ゲーム

Beat Saber(ビートセイバー)【感想・レビュー】爽快感抜群の新感覚リズムゲーム!

リン
リン
こんばんは、ゲーム大好きリンです

今回は、2019年3月7日発売の『Beat Saber(ビートセイバー)』の感想・レビューについてです。

2018年にSteamで配信されて、かなりの好評価で大きな話題となったVRリズムゲームが、遂にPlayStation®VR専用タイトルとして発売されました。

Steamで最高評価を叩き出したVR専用ゲームは、どれほど面白いのか気になっていたのでPSVRで遊べるのを待ちわびていました。

こんな方にオススメ

・VRゲームが好き。

・リズムゲームが好き。

・初めてVRゲームで遊ぶ。

リン
リン
本作は、PS Move モーションコントローラー必須となっています!

Beat Saber(ビートセイバー)

ジャンル VRリズムゲーム
プレイ人数 1人
対応機種 PlayStation 4・PlayStation VR
メーカー Hyperbolic Magnetism

Beat Saber」は、VR空間で楽曲のリズムに乗ってアクションを楽しめる新感覚の体感型リズムアクションゲームです。

両手に持った赤と青の2本のライトセーバーで、曲に合わせて流れてくるブロック型のノーツをリズムに合わせて斬っていきます。

ブロックには赤色と青色のブロックがあり、色のほかに斬りつける方向が設定されている物もあります。

その他にも、VRゲームならではのプレイヤー自身が避ける障害物なども用意されています。

リン
リン
VRゲームだからこそできる、体を動かして遊ぶ楽しさを教えてくれる作品でした!

爽快感抜群のリズムゲーム!

Beat Saberは、シンプルなルールながらも「音楽に合わせてノーツを斬る」という斬新なアクションを楽しむことが出来ます。

両手を同時に振り下ろしたり、両手を交互に上下させたりと様々な斬るパターンがあります。

全身を使ってノーツを斬る感覚は、想像以上に爽快感があってリズムにノリやすかったです。

そしてコントローラーでぽちぽち操作するのと違い、全身を使ったアクションは音楽への没入感がケタ違いでした。

リン
リン
斬ったときにPS Moveが振動してくれるのも、気持ちよくてやみつきになりそうな感じでした!

さらにノーツにも様々なギミックが用意されており、単純に斬るだけではありません。

ノーツの多彩なギミック

・色の指定がされている色のノーツ。

・上下左右斜め斬る方向が指定されているノーツ。

・強く振らないと斬れない硬いノーツ。

・触れるとミスになる爆弾タイプのノーツ。

最初は多彩なノーツのギミックに翻弄されて難しく感じるかもしれません。

ですが、やればやるほど慣れてきてノーツのギミックが楽しく感じれるようになってきました。

リン
リン
繰り返し練習して、うまく決まった時の嬉しさはリズムゲームの醍醐味ですね!

多彩なゲームモード!

本作は、PSVR版の「Beat Saber」だけの独占コンテンツなどが用意されていて、ゲームモードが多彩にあります。

PSVR版に追加された「チャレンジモード」や友達や家族と一緒に楽しめる「パーティーモード」などがあります。

特に一番のオススメが「フリーモード」で、様々な設定で自由に遊ぶことができます。

フリーモードの様々な遊び方

・一度のミスでゲームオーバー。

・斬る方向が直前で見えなくなる。

・曲のテンポをアップダウンできる。

・壁や爆弾が無くなる。

・ゲームオーバーが無くなる。

リン
リン
自分のお気に入りの曲を難しくしたり、簡単にしたりすることができるので面白かったです。

さらに難易度にも「Easy・Normal・Hard・Expert」の4つがあり、プレイヤーにあった難易度で遊ぶことができます。

そして難易度HARD以上では、体もかなり動かされ運動量が増えている感じがしました。

特にExpertはかなりのやりごたえがあって、めちゃくちゃ難しくクリアした時の達成感が凄そうです

リン
リン
さらに曲の種類もDLCでどんどん追加されるそうなので、好きな曲を見つけて極めるのも楽しそうです!

運動不足の解消になるかも!

Beat Saberは、PS Moveを振ってノーツを斬る以外にも壁や天井といった障害をプレイヤーが避ける要素があります。

壁は左右に避けて、天井はしゃがんで避けるのですが、これがサイドステップやスクワットとなって体力を使います。

それに加え常に腕を振っているので、運動不足の人には難易度の高い曲を数回やるだけで、ほどよい疲労感を味わうことになると思います。

リン
リン
体を動かせるスペースが必要になりますが、楽しみながら体を動かすことができて運動不足の解消になるかもしれません!

・VRならではの演出で、体を動かしながら楽しめる。

VR酔いしにくい!

Beat Saberは、他のVRゲームと比べても酔いにくい感じがしました。

プレイヤー自身の移動がなく、周りをぐるぐる見回す必要がないので長時間のプレイでも酔いがほとんど無かったです。

酔いにくいので、初めてVRゲームを遊ぶ方にも安心してVR体験を楽しむことができる作品だと感じました。

リン
リン
体力さえあれば、長時間楽しむことができ何度も遊べてよかったです!

・初めてVRゲームを遊ぶ方にオススメしやすい酔いにくさ。

賛否両論なところ

・想像以上に体力がいる

VR酔いがなくていいのですが、想像以上に体力が必要で数時間遊ぶとかなり疲れます。

そして難易度が高くなるにつれて、動きが激しくなり集中力が必要となります。

リン
リン
初日に長時間遊んでいたら、腕や足がパンパンで運動不足を痛感しましたw

・スペースが必要

VRゲーム全般に言えることですが、遊ぶにはある程度のスペースが必要となってます。

特に本作はPS Moveを振って遊ぶので、周りに物があると気がつかずにぶつけてしまうことがあります。

リン
リン
最低限腕を伸ばせる範囲のスペースを確保してから、遊ぶことをオススメします!

・PS Moveが必要

本作はPS Moveが最低1本は必要で、Beat Saberを最大限楽しむには2本ないと楽しめません。

一本あたり約6000円となっており、けして安い周辺機器というわけでもないのでお金がかかります。

リン
リン
今後VRゲームをいろいろ遊ぶ方は、是非ともPS Moveの購入を検討してみてはいかがでしょうか!
【PS4】PlayStation(R)Move モーションコントローラー ソニー・インタラクティブエンタテインメント [CECH-ZCM2J PSMoveコントローラー]

最後にまとめ

VRゲームとリズムゲームの相性の良さが存分に活かされている作品だと感じました。

リズムゲームで斬るという斬新なアイディアは、想像以上に爽快感があってクオリティが高かったです。

そしてゲームセンターに置いてあるようなアトラクションが、気軽に家で楽しめるのは非常に良かったです。

VR酔いもほとんど感じられなかったので、初めてVRゲームを遊ぶ方にオススメしたい作品です。

リン
リン
PSVRソフトのなかでも、上位に入るぐらい面白く是非とも遊んでみてはいかがでしょうか!