ゲーム

Anthem(アンセム)【感想・レビュー】アップデート次第で良作になるかも!

リン
リン
こんばんは、ゲーム大好きリンです。

今回は、2019年2月22日発売の『Anthem』の感想・レビューについてです。

体験版では様々な不具合で評価があまり良くなかったですが、個人的に楽しみにしていたので発売日に購入してみました。

世界中のレビューを集めたメタスコアが60点という、辛口の評価となっています。

こんな方にオススメ

・ロボットやパワードスーツが好き。

・ハスクラ要素が好き。

リン
リン
面白い要素はあるものの、システム面での問題点が目立つためアップデートに期待したいです。

Anthem(アンセム)

ジャンル アクションRPG
プレイ人数 1~4人
対応機種 PlayStation 4、 Xbox One
メーカー エレクトロニック・アーツ

本作は、神々に見捨てられ変化し続ける混沌の世界が舞台となっているアクションRPGとなっています。

フリーランサー」と呼ばれるパイロットのエリート集団の一員となり、世界を自由に飛んで探索していきます。

そして、超人的な力を扱うことができる4種類の「ジャベリン・エグゾスーツ」を用いて爽快感のある戦闘を味わうことができます。

戦闘では最大3名のプレーヤーと協力することができ、細かな連携を必要としない緩い共闘を楽しめます。

リン
リン
今後も様々なコンテンツが追加されると発表されており、長く楽しめそうな作品です。

ジャベリンの魅力

本作の魅力の1つが、ジャベリンを装着しての空を飛ぶ感じがとても気持ちよく爽快感があることです。

ANTHEM(アンセム)

オープンワールドのフィールドを360度自由に飛び回ることができ、急上昇に急降下も思いのままに操れます。

わかりやすいイメージとしては「アイアンマン」ように飛ぶことができるので、アイアンマン好きにはたまらない作品です。

リン
リン
オープンワールドを自由に空を飛ぶことができる作品はあまりなかったので新鮮でした!

そしてジャベリンのもう1つの魅力が、重量感をとても感じれるところです。

ANTHEM(アンセム)

ジャベリンの見た目がパワードスーツの様なものなので、その重さをしっかりと表現されていて感激しました。

「ジャンプ・着地・銃を撃つ・飛んでいる」時など、一つ一つの動作に重量感がコントローラーを通して伝わってくるような感じがします。

リン
リン
ジャベリンの1つで「コロッサス」というのが、特に重量感を感じることができるので是非使ってみて欲しいです!

・アイアンマンのみたいな、飛行と重量感を味わえる。

爽快感のある戦闘

戦闘は三人称視点のアクションシューティングとなっており、銃撃戦を楽しむことができます。

基本的な銃撃戦に加え、特殊攻撃やホバリングによる空中攻撃などが可能となっており、多彩なアクションで戦闘を行うことができます。

また、スキルやアクションを組み合わせた「コンボ」というシステムもあり、コンボを繋げる事で大きいダメージを与えることが出えきます。

コンボシステムにより、PTでの連携を楽しむことができ共闘している感じを味わえます。

リン
リン
各ジャベリンの特殊なスキルは、ド派手で爽快感のあるものが多く迫力もあってよかったです!

更に戦闘を面白くしている要素として、プレイヤーのプレイスタイルに合わせて選べる4種類のジャベリンが用意されていることです。

・レンジャー

攻撃力・防御力共に優れており汎用性が高く、あらゆる状況に臨機応変に対応することができます。

主に、ミサイルやグレネードでの攻撃が特徴的です。

リン
リン
固有スキルのマルチターゲット・ミサイルは、使っていて爽快感があって気分が良いです!

・コロッサス

重装甲で力強く、大型兵器を用いての圧倒的な破壊力で殲滅することができます。

重火器がメインとなっていて、砲弾や火炎放射器といった攻撃が特徴的です。

リン
リン
コロッサスの魅力はなんといっても破壊力と重量感で、男心をくすぐりますね!

・ストーム

最低限の装甲だが、ジャベリンの中で一番ホバリング時間が長く、多彩な技を扱うことができ強力な攻撃を繰り出せます。

氷・炎・電気・風といった魔法の様な攻撃が特徴的です。

リン
リン
固有スキルのエレメンタル・ストームはド派手で迫力満点です!

・インターセプター

素早い機動性を活かして、相手の懐に潜り込んだり回避したりのヒットアンドアウェイで翻弄することができます。

主に格闘攻撃や手裏剣といった、近接攻撃が特徴的です。

リン
リン
素早い格闘攻撃は、つかっていて病み付きになるぐらい楽しいです!

・爽快感ある銃撃戦。

・個性豊かなジャベリンと固有スキル。

自分だけのジャベリン

本作の一番の特徴であるジャベリンですが、工房で様々なカスタマイズが可能となっています。

多彩なカラーや質感のバリエーションが豊富に用意されていて、自分好みのジャベリンにすることが出来ます。

ボディの汚れを表現したり、光沢を出したりとマニアックなところまでこだわることが出来ます。

ただし外装のボディの種類などが少なく感じたので、DLCなどで追加されることに期待です。

リン
リン
アイアンマン・エヴァンゲリオンなどのカラーに似せたジャベリンの人もいて、ついつい見入ってしまいました!

・ジャベリンへのこだわりを感じれる工房。

オンラインでの緩い共闘

本作は、基本的にストーリーもオンラインで協力して進めていくことになります。

一応プライベート設定でソロも可能だが、デメリットの方が多く感じオススメはできません。

オンラインでの協力プレイと聞くと、迷惑をかけないか心配する人も多数いるのではないでしょうか。

ですが、そんな心配を払拭してくれるほど本作のPTプレイは緩く気軽に楽しめます。

緩い共闘

・チャットが無く、ボイスチャットとジェスチャーのみ。

・1人でも戦闘エリアに入ると、全員エリアに転送される。

・戦闘で倒れても助けてもらえ、全員倒れない限り失敗にならない。

難しい連携プレイを必要とせず、各々自由に倒したい敵を攻撃してればクリアすることができるぐらい気楽にできてよかったです。

リン
リン
個人的に、野良の場合だとCPUと一緒に遊んでるみたいで、PTを組んでいる感じがしなかったです!

・プレイスキルを問われず、気軽に遊べるマルチ協力プレイ。

賛否両論なところ

・ロード時間が長い

全体的にロード時間が長くて、出撃前・出撃後のロードでかなり待つことになります。

ジャベリンをカスタマイズするだけでも、ロードを挟むので気軽に装備を変更しにくいです。

そして、回線落ちもそこそこあるので長いロードを待った挙句に回線落ちでやり直しなんてことも・・・

リン
リン
せっかくハスクラを楽しむゲームなのに、ロードが長くてやる気がそがれてしまいますね。

・自分のペースでストーリーができない

本作のストーリーはオンラインでの協力プレイのため様々な問題点がありました。

まず他のプレイヤーよりも進むのが遅れてしまうと、強制的に仲間の近くまで転送されてしまうためゆっくり観て回ることができません。

そして一番の問題が、他のプレイヤーが仕掛けを作動させたら勝手にストーリーが進むため自分が着いた時には次に進んでることも。

そのため、せっかくのストーリーが移動と戦闘だけの単調な感じになり、ストーリーを満喫することが出来ませんでした。

リン
リン
ソロでも遊べますが、マルチ前提の難易度となっているのでソロだと非常に面倒に。

・日本語音声がない

本作は英語音声の日本語字幕となっており、日本語音声はありません

そのため、クエスト中もストーリーの字幕を見ながらプレイしなければなりません。

激しいアクションの中、字幕を見るのは至難の技で字幕を見れずストーリーを理解しにくいです。

リン
リン
字幕を見ようとすると、そっちに意識がいってしまいゲームの方に集中しにくかったです。

最後にまとめ

とにかくアクションが作り込まれていてキャラを動かすだけで楽しく、爽快感もあってよかったです。

ですが、細かいシステム面で様々な不満点があり、今後のアプデ・調整を求めてしまう現状になってます。

ロボットをカスタマイズして強くしていくのが好き、SFが好きな方は楽しめる作品です。

そして、爽快感のある飛行は是非とも味わってもらいたいぐらい素晴らしかったです。

リン
リン
良くも悪くも今後のアップデートに期待したいと思います!
created by Rinker
¥1,100
(2020/05/31 06:30:01時点 楽天市場調べ-詳細)