アニメ

映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE -2人の英雄-』感想(ネタバレ有り)

こんにちは、リンです。

2018年8月3日に公開された映画僕のヒーローアカデミア THE MOVIE -2人の英雄-
ようやく観にいくことができました!!

はっきり言って、ここ最近のアニメ映画のなかで一番よかったです。

リン
リン
ヒロアカ好きな人には是非観にいくべきだと思います。

今回はその感想を書こうと思います。この先はネタバレがあるためご注意を。

まず『僕のヒーローアカデミア』とは

『僕のヒーローアカデミア』とは、少年ジャンプで連載している人気漫画です。
単行本は現在19巻まで出ており、アニメの方も現在3期が放送中です。

ストーリー

「世界の人間の8割が何らかの超能力を持っている」世界で、その超能力を「個性」と言います。その個性を使って人々を守るヒーローと悪事をはたらくヴィラン(敵)がいます。

そんな中、主人公の緑谷出久ことデクと呼ばれる少年がヒーローに憧れていたが個性をもっていなかった。ヒーローになることを諦めかけていた時に、No.1ヒーローのオールマイトから認められワン・フォー・オールという個性を受け継ぐことになった。

そんな主人公がヒーローの名門校で、最高のヒーローになることを目指すお話です。

『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE -2人の英雄-』感想

あらすじ

白熱の期末試験が終わり、夏休みの林間合宿を控えた雄英高校メンバー。
デクとオールマイトは、ある人物からの招待を受け、
海外に浮かぶ巨大人口移動都市“I・アイランド”を訪れていた。

世界中の科学研究者たちの英知が集まったまさにサイエンスハリウッドのような島で個性やヒーローアイテムの研究成果を展示したI・エキスポが開催される中、
デクは“無個性”の少女・メリッサと出会う。
メリッサに、かつて同じ“無個性”だった自分を重ね合わせるデク。

その時、突如鉄壁のセキュリティーを誇るアイランドの警備システムが敵(ヴィラン)にハッキングされ島内全ての人間が人質にとられてしまう!
いま、ヒーロー社会の構造を揺るがしかねない“ある計画”が発動する!
その鍵を握るのは、平和の象徴・オールマイト。
公式サイトより。

手に汗にぎる戦闘シーン

物語が進むにつれて主人公のデクや雄英生徒がヴィランと戦っていくのですが、迫力は言うことなしでもう凄すぎました。

その中でも、まず轟と爆豪の共闘シーンがよかった!息ぴったりの連携プレイでヴィラン達を倒していくのが本当にかっこよかった。
個人的に爆豪が好きすぎるので終始目が離せませんでしたね。

そしてなんといっても、ラストシーンのデクとオールマイトの共闘は胸熱すぎた。これまでに共闘はなかったと思うのでファンとしては最高でしたね。

2人で同時に必殺技を決めるシーンでは思わず叫びそうになりました。
それくらいラストシーンの戦闘は見物でした。戦闘シーンだけでも観にいく価値ありです。

リン
リン
映画ということで、どこの戦闘シーンも見ごたえあり!!
(C)2018「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

若きオールマイト

本編ではあまり語られていないオールマイトの若い頃の話が観られます。
そして若い頃は超ハンサムで今とは違ったかっこよさがありました。

また、アメリカで戦う姿をみていてすごくアメコミをみてるかのようだったのと、必殺技のデトロイトスマッシュなどはアメリカにいたときに名づけたのかなと思いました。

ヤングオールマイトとアメリカ時代のパートナーとのやり取りも個人的に好きでした。パートナーもイケメンだった!

リン
リン
そんなオールマイトを観れるのは映画だけなので、見所のひとつです。
(C)2018「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

ストーリーも魅力的

ゲストキャラとしてオールマイトの親友「デヴィット」が登場します。オールマイトがアメリカにいたとき、お互い相棒とするぐらいの友情関係があり信頼できる仲でした。

ですが事件が起こり、物語が進むにつれて事件の発端はデヴィットだと言うことがわかります。この時に、「あぁ、親友が裏切るパターンか・・・」と思いつつ観てましたが事件を起こした理由を聞いていくうちに泣きそうになった・・・

リン
リン
ここで全てを語ってしまうのはもったいない気がするので、是非自分の目で観てもらいたい!!

胸アツの入場者特典

入場者特典として配られているのは僕のヒーローアカデミア Vol.Originという本だ。

注目なのが全9ページの描き下ろしマンガ。オールマイトの師匠と若い頃のオールマイト、そしてオールマイトがアメリカへ渡った理由について描かれている。

さらに、映画キャラの設定やラフ画もついてくる。
入場者特典は100万名の先着順なのでお早めに!

気になったところ

雄英メンバーで本編に登場しているが全く事件に関与しないメンバーが少しいたので、そのキャラが好きな人には残念な感じかもしれない。

あと、ラスボスが二つの個性を所有していたのだが片方ばかり使用していて、もう一つが全然使われてない感じがした。

贅沢をいえば、でかいラスボスを倒した後もう一つの個性を用いて殴り合いしてもよかったかもしれない。殴り合いにうってつけの個性とおもわれるから。

最後に

ヒロアカ好きなら観にいって損はないです!!
ストーリー、戦闘などどれをとっても素晴らしいの一言でした。まだ行ってないよという方、今すぐ劇場に行って感動を味わいましょう!!

『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE -2人の英雄-』

 

公式ページ